K.H.(クロスジョブ593番目の就職者より)

K.H.(クロスジョブ593番目の就職者より)
K.H.
就職日:2022/7/17
利用施設:クロスジョブ 鳳

「スタートライン」

 

 ようやくスタートラインに立つことが出来た。

 障害者になって色々あった。

 障害の後遺症で体力もなくなり何もしたく無くなった。それじゃダメだと思い健常者だったころよりも自分に厳しくし半端な事はしないと自分に言い聞かせ、そしてクロスジョブに来た。

 自分と同じ障害を持つ人が、仕事をし、的確にアドバイスをし、きっちりと指示をしている姿を見て、障碍者になってから初めて希望が持てた。クロスジョブに来てよかったと本気で思った。

 その後も色々ありトライアル雇用にたどり着いた。トライアル期間中体調が悪くなり体力がなくなり、今まで流していた事が流せなくなり爆発しそうになりクロスジョブの方々に大変迷惑をかけた。

 そしてあるドラマを見た。ボクシングをテーマにしたドラマだった。自分もボクシングをしていたので大変興味があった。そして主人公の苦悩や絶望もよく分かった。その主人公ほど自分は強くは無いが医者からボクシングはもう出来ないと言われた時の絶望も自分と同じ、自分もいつ死んでもいいと思っている所も同じだった。自分とは違うが絶望をしても前を向いて進んでいる人がこの世の中には沢山いると気付かされた。そして生徒がボクシングが出来なくなり、その先輩が言った言葉が心に響いた。「やるからには半端な事はするな」大半の人はまた出来るようになる、やれば良いと言う、それが傷口に塩を塗っていることに気付かない、ドラマとは言えそう言う人もいると希望を持つことも出来た。常に自分に言い聞かせてきた事だから、そしていつか何か希望を持ち、前に進んで行けるんじゃないかと思わせてくれた。

 トライアルも終了しこれからが本当の戦いだ。今後色々あると思うが前に進んで行こうと思う。クロスジョブのスタッフの方々今まで大変ご迷惑をお掛けしました。そして色々希望を持たせてくれた事を感謝します。大変ありがとうございました。

お祝いの言葉をどうぞ!
名前(必須) 必須項目です
メールアドレス
(非公開)
コメント(必須) 必須項目です