利用者日記

実習感想と今後の課題 (A.G)2018年01月15日

こんにちは、雪が降ったりして寒さが一番厳しい印象である1月中旬ですが皆さんお元気でしょうか。

 

私は先週1週間、特例子会社であるS株式会社に実習でお世話になりました。

S株式会社へは昨年中に本社ともう一ヶ所の2つ見学に行きましたが、2ヶ所目に行った本社の印刷業の実習に惹かれ決めました。

それからあっという間に日程が決定されましたが、実習に入るまでは過去の就労経験の失敗から来るトラウマで不安でたまりませんでした。

 

ところがいざ、実習に入ると、現場の従業員の皆さんは決して急かすことなく優しく丁寧に接していただきました。その為か、比較的リラックスして実習に臨めたと思います。

 

他、実習を通して大きく2つの事に気付けました。

 

まず1つ目に今後の就活の求人探しについてです。実習中の業務は企業カレンダーの梱包作業でしたが、作業を続けてみて座り作業より立ち作業に適性があると感じました。

他にも普段の訓練よりハッキリと勤務時間の絞り込み等が出来て良かったと思います。

 

2つは、自身の就活への意識の甘さです。元々私は純粋に働きたい欲求の他に同じ学歴の同期とキャリアを比較していたという事もあって今より焦っていました。

ところが、最終評価でコミュニケーションや精神面で問題があると指摘された為、

今後の課題に精神面のトレーニングの必要があると感じたら将来への焦りが減ったなと思います。

 

 

と、実習に関してここまで書きましたが、やはりやってみると求人情報検索に関してや今後何を就職までに鍛えたらいいのか、大切な事が日を重ねる毎に分かってきました。

当初は23歳になる半年後までに面接12社行って12月までに内定を取る目標を立てていましたが、今は5年後に内定を取る気持ちでゆっくりと考えられたら良いと思います。

(あ、あくまでも気持ちの問題ですよ!実際は来年までにですからね(笑))

 

その上で、精神面等を見直しつつ、自分の条件にぴったり合った求人を支援者の方々と一緒ではありますが探していきたいです。

 

以上、ここまで乱筆乱文ではありますがお読みいただきありがとうございました。


カテゴリ

  • カテゴリーなし

アーカイブ