新着情報

米子事業所 利用者アンケート実施報告(2017年度2018年03月06日

クロスジョブ米子では、12月に現在ご利用いただいている方、今年度就職された方(10月以降に就労移行支援事業を利用されて就職された方)を対象に「利用者アンケート」を実施いたしました。ご協力いただきました利用者の皆様、また今年度就職された皆様、ご家族の皆様、貴重な意見を頂戴し、誠にありがとうございました。アンケートの結果を受けて、その後事業所会議で全スタッフで話し合いを行いましたので、ご報告させて頂きます。

 

◆個別支援計画について

個別支援計画について、説明がわかりやすいか、要望を取り入れられているかというご質問に対して、「事前面談で、話し合いながら決めています」「意見や要望はもちろんのこと、急な変更にもしっかりと対応してもらっている」「自分がすぐに取り組める計画を作れている」など、多くの方が満足しているとご回答くださいました。残念ながら、一部「満足していない」という回答がございました。私たちの日々の支援は、この計画に基づいて行われております。一人一人がご自身の状態を確認し、「次はこれを頑張ろう」と目標を明確に、納得感を持って取り組んでいただけるよう、担当者との個別面談の中で希望や要望をしっかりと話し合う事、説明を丁寧に行う事などで、改善していきたいと思います。

◆日々の訓練について

「自分の特性がわかった」「自分が今向かうべき方向での内容で充実している」「目指す職種が何度か変わることがあったが、そのたびにプログラム変更をしてもらった」などの嬉しい意見を頂戴しています。クロスジョブの支援が、ご自身で自己整理をして頂き、「自分の、この力をこの職場で活かしたい」と職種選びや企業選択をする力をつけて頂くことを目指しているところですので、スタッフ一同喜んでいます。ただ、企業との調整に関しては、今後更に個々のスタッフが力をつけていくべき課題としてお声を頂戴しましたので、関係支援機関様と情報共有・ご教示頂きながら勉強して行きたいと思います。また、基礎訓練から見学・実習のゾーンに入った方に対しての個別課題として、それぞれに必要な訓練課題の提案・組み立てが出来るよう訓練課題の創出にも取り組んでいきたいと思います。

◆事業所環境について

照明や部屋の環境も明るく通いやすい雰囲気で、常に清潔感が感じられるとお答え頂きました。「訓練の一つとして、自分自身も事業所の清掃に日々携わっていましたので、自信を持って通いやすい環境と言えます」と太鼓判を押して下った方もいらっしゃいました。「静かに過ごしたいという人にも過ごしやすい空間確保を」という要望にも、個別空間確保や面談室確保で応えることが出来たかと思います。また、自分たちの使用する場所として「事業所改善会議」で、使いやすさやどんな事業所にしていくのかを皆で話し合いました。今後もレイアウトや掲示コーナーを充実していきたいと思っています。

◆スタッフの対応について

「話しかけやすく、柔らかな対応で親身になって相談に応じてくれる」「長所を伸ばしてくれ、苦手なことや特性をよく理解して安心して訓練に臨める」「このような社会人になりたいと思った」などの嬉しい言葉を頂きました。スタッフは、ビジネスマンの見本となれるように、一層意識を高めていきたいと思いました。また、朝のお迎えや訓練終了後のお見送りの挨拶や、朝礼前の時間を大切にして、皆さんが話しかけやすい雰囲気づくりを意識していくことを確認しました。

◆苦情解決について

利用契約時には、苦情解決の窓口の説明を書面で行っていますが、周知が弱いようでした。事業所にポスターを掲示することで、更に周知していきたいと思います。

◆その他

「就職へ向けて取り組む様々な人と出会えてよかった」「将来を語り合える友人たちに出会えたことに感謝」など、自己整理やスキルアップとは違う「出会い」についてコメントくださった方もいらっしゃいました。

 

今回のアンケートを踏まえ、皆様の要望に応えることのできる事業所となるべく、スタッフ一同更に研鑽していきたいと思います。アンケートにご協力いただきました皆様、改めて御礼申し上げます。誠に有難うございました。今後も引き続きよろしくお願い致します。


アーカイブ