利用者さん以外も含めた合同グループワーク報告

こんにちは。

札幌事業所の角井です。

札幌もついに20℃越えの日が続くようになり、とても過ごしやすくなりました。

 

今回新たな試みである利用者さん以外も含めた高次脳合同グループワーク(名称が定まってなくてごめんなさい)の第一回が16日(水)についに開催されました!

 

急な開催にも関わらず、参加申し込みをしてくださった方がいらっしゃり、ご自宅が遠方にも関わらずお越しくださってとても嬉しかったです(T_T)

 

第一回は、利用者さんのほかに、申込してくださったご夫婦、また米子事業所の方お一人の計6名で行いました。

米子事業所とはウェブでつないだ状態で行いました。

 

今回は、実習を体験し、その後雇用につながった利用者さんの実習報告をしていただきました。実習を通しての気づき、実習で見えてきた高次脳機能障害の特性によって出た課題についての対策や訓練設定、再実習での頑張りをお話してくれました。

※そちらに関しては、発表されたご本人様のブログ(就職報告のブログ)や米子事業所の利用者さんとスタッフの方のブログもアップされていますのでぜひそちらをご覧いただけますと嬉しいです。

 

今回初参加していただいた方より

「自分以外の当事者さんたちから直接お話をうかがうことで、親近感が湧くと共に参考になりました。

 共通の話題を持ち、年齢層も違う人たちとの接触は嬉しかったです。」と感動的なご感想をいただきました。

次回の時は友人にも声を掛けてみようと思うとも仰っていただけて本当に嬉しかったです。

 

仰ってくださったように、同じ高次脳機能障害の方が同じ場所に集まって、悩み事を分かち合い、一緒にどうしていくか考える場が実は少ない状況があります。

実際の利用者さんからも、「入院中は自分だけが高次脳機能障害で、周りには同じ高次脳機能障害の人は少なかった」というお声も聞かれています。

同じ疾患を持ち、一緒に今後の人生に向けて分かち合い、前進していける場に、この合同グループワークがなれたらなと強く感じました。

 

次回は6月27日(水)9:40~12:00

内容はまだ未定となっておりますが、

また改めて開催のご連絡をさせていただこうと思っておりますので、

ぜひご興味のある方はクロスジョブの角井(かくい)までご連絡ください。

利用者さん以外も含めた合同グループワーク報告