利用者日記

S社の実習後、自分の変化について H・T2018年06月05日

お久しぶりです。H・Tです。S社の実習から早くも二ヶ月が経ちました。そこからの自分の心理面の変化や、出来事について書いて行こうと思います。実は、思いもしない「あること」で自分は最近まで非常にしんどい思いをしておりました。生きてて、今まで経験した事がないことだったので面食らいました。あまり眠れてもいなかったのです。そこで砂川さんに相談してみました。最初は彼女もよくわからなかったようみたいだったので、事例も添えてみました。自分は男ですが、女性がなりやすいこともご説明しました。砂川さんもわかってくださりホッとしました。今では一山を越えて、自分自身が行動を起こしたことで「今日の自分に自信を持つこと。」という課題に少しずつ良い点がつけられるようになってきました。砂川さんありがとうございました。

 

5月はまあ様々な出来事があった月でした。5/15に砂川さん、森實さん、山神さんとで施設見学に行ってきました。とても大きな老人ホームで、実習に行かれていた方がいたので少し内容を聞いていたのですが、施設の担当の方から見学の説明を聞いていて「こりゃ想像以上に心身とも大変そうだな。」と思いました。さらなる体力アップ、メモ取りの工夫、家事力の強化、それにどんなことが起きても受け流せる気持ちの安定が必要となってくるようです。でも体を動かす対人の仕事(福祉業界、図書館)を目指すのなら超えて行かないといけない壁と考え、実習をやってみたいと思っています。5/17には親子面談がありました。実家での自分とクロスジョブでの自分にギャップがあることを感じていたので極力平坦にしていくために砂川さんと母にお願いしました。5/31にはなかもずで「職業評価]なるものを受けてきました。(かなり長時間になるので受ける方はご注意を・・)果たして自分はどんな仕事が向いているのかを自分でも分かっておきたいと考えて砂川さんにお願いしました。HWでやみくもに求人を選択するのを避けるためでもあります。

先月は砂川さんをかなり振り回してしまい、申し訳ありませんでした。一日でも早く就労して周囲の皆さんを安心させたいです。

 

PS 一部の男性利用者と交流戦が話題となっています。ところで我らがカープのふがいなさが目立ちます。特にホームで1勝2敗の負け越し。Y投手にいたっては2回に10失点の不様さ。大喝を入れます。


カテゴリ

  • カテゴリーなし

アーカイブ