利用者日記

企業見学を行いました2018年06月12日

就職活動の更なるモチベーションアップの機会を模索していた時期でもあったので、実際に働いている方の姿を見る事によってモチベーションのアップを図りたかった。

 

見学の直後に私自身の訓練内容を見直した時期と重なっていたので、新たに訓練に取り入れた内容に類似した職場の見学も出来たのは自分としてはすごく収穫になりました。

また、外部からの電話対応を行っているここがこの会社の肝ともいえるセクションに感じたので私は、じっくり見学しました。なぜ、肝と感じたかその理由は、対顧客と現場を繋ぐ役割を担っていると感じたからです。私自身もかつて類似したセクションで仕事をした経験もあった。

肝と思ったセクションの業務は、社内を完全に熟知していなければ、担当できない人が行うべき部署だとも思った。さらに、素早い電話対応も求められると思ったからだ。

また、私が、先ほど述べたように訓練内容を見直した時でもあったので、余計に引き付けられた。変更した訓練のなかに電話対応も含まれていた。このような人材になりたいと思っている自分もいた。

話は変わりますが、見学した会社さんには、私から次のような質問をさせて頂きました。企障害者雇用を以前は、3名の方を雇用されていたようですが現在は0名とのことでした。やりたいけれども出来ずに困っているという話をされていたので、これは私の感想としてはすごく意外な感じも受けました。


カテゴリ

  • カテゴリーなし

アーカイブ