利用者日記

実習を終えて2018年07月09日

お久しぶりです。6月中旬あたりに実習に向けての意気込みを書いた者です。

先日、1週間の実習に参加してきました。業務内容は事務となります。今回の記事ではそちらの簡単なまとめを書いていきたいと思います。

実習に行く前は不安が強く、うまくやっていけるか心配でしたが、実際の業務では担当の方が仕事を丁寧に教えてくださり、また作業の割り振りにも気を使っていただいたので、想像していたよりもずっと快適に作業を行うことができました。

 

今回の実習でいくつかの気づきを得ることができました。

私はもともと、周囲の物音や動きなどに影響を受けやすいのですが、今回はそういった環境面にもある程度配慮をしていただき、作業のやりやすさを強く実感しました。今後就職するにあたっては、この点を意識するようにしていきたいです。

また、訓練では休憩の申請をする際に心理的な負担は少ないのですが、実習ではためらうことが多く、なかなか言い出せない事が多かったです。結果として、いつもより疲れが溜まりやすかったように感じました。また、自分では疲れきっていても、他の方からはそうは見えなかったという言葉もいただきました。自分の体調を自分で発信していくことが必要だと思いました。

 

他にも細かい気づきはいくつかありますが、今回は取り急ぎこの2つでまとめたいと思います。

お世話になった企業の方々、各支援機関やクロスジョブの皆さま、本当にありがとうございました。


カテゴリ

  • カテゴリーなし

アーカイブ