新着情報

まずは見学!そして実習へ~7月事業報告~2018年08月21日

お盆も過ぎ、少し暑さも和らいでいますが、本当に今年の夏は連日猛暑日や異常気象が続いていましたね。

個々の事象が、生産活動や経済活動、社会活動などのいわゆる"人間活動"に伴う気候変動に起因するものだと多くの研究からも言われています。

この動向を無視することはできませんが、私たちもまずは今シーズンの記録的な猛暑のもとで日々の健康管理に心がけながら、無理のないように過ごしていけたらなと思います。

 

草津事業所の7月の事業報告をさせていただきます。

 

■利用者状況

8月16日現在、19名の方にご利用いただいております。

 

【見学者】

4名

 

【企業実習】

4名

Aさん:冷機を扱う工場内で、5日間、部品の取り付け作業に取り組まれました。朝早くから夕方17時までのフルタイム勤務の中で、ご自分の単純作業を継続する体力と、集中力を実感され、就職活動への大きな収穫を得たと仰っています。また非常に謙虚な姿勢の方なので、現場の皆さんも快くご本人を受け入れてくださり、充実した実習期間となりました。

 

Bさん:作業内容は異なりますが、Aさんと同じ工場で、5日間実習に取り組まれました。作業中は、手順書を常に側に置いて、ミスの無いように作業を進めていかれました。作業指示はモデリングと口答、一部手添えで有効的に理解できていると評価を受けられました。初めての一日8時間の実習時間を経験して、「仕事をするって大変なことですね!」「家族にお疲れ様と言われて、嬉しかった!」と話されていたのが印象的でした。

 

Bさん:工場実習の前後、引き続き週に一回、コンビニエンスストアーでの実習を続けておられます。次回このお店で実習を予定されている訓練生への見学時の説明や一緒に作業するなどもして下さりました。ご自分のメモを片手に作業内容を振り返っておられましたが、先輩として頼もしくなっておられる姿、スタッフも嬉しくなりました。

 

Cさん:ホテルでの事務補助作業に3日間取り組まれました。指示理解も早く、効率を考えた作業進行でスピードもあり、且つ正確に完了することが出来たと高い評価を受けられました。所外での活動で、社会との繋がりを改めて実感されたとのことで、この経験をまた次に活かして、プログラムと就職活動を進めていかれます。

 

Dさん:工場事務所での2週目の実習を行われましたが、引き続き都度の質問をしながら自己判断せず、正確に作業が出来ていると評価を受けられ、トライアル雇用へと繋がりました。制服姿のDさん、すごく似合っておられ、緊張されていますが、どことなく安定感も感じられるほどです。トライアル雇用も、がんばっていただきたいです。

 

(7月の取り組み)

7月は、企業見学、実習等、多種にわたる事業所へと出向きました。

訓練生の皆さんは、事前に企業調べをしていただき、ご自分が知りたいと思った事を聞けるように、準備もして訪問されます。

訪問時には皆さん、企業様に積極的に質問もされ、実習にも繋がるケースが増えています。

クロスジョブでは、ご自分の目で見ていただく、体験していただくことを大切に就職活動をスタッフと一緒に進めていかせていただいております。

 

(8月の取り組み)

就職に向けて、洋服の青山さんを講師に迎え、「着こなし講座」を開催します。

まだ見学や実習に行かれていない方、スーツは着用したことがある方も改めて、ビジネスマナーを学ぶ機会となります。

男性は、ネクタイの結び方、女性はメイク講座もあり、盛り沢山の内容となりそうで、スタッフも楽しみにしております。

 

 

★空き状況のご案内★

就職者が続き、ご利用枠に空きがございます。

草津事業所では作業を通しての気付きから、就職に向けてどんなことが必要なのかを見つけ、皆様と一緒にひとつずつ取り組みを進めていきたいと考えております。

 

クロスジョブ草津で一緒に、一歩ずつ前に向かってみませんか。

見学や体験などを随時受け付けておりますので、気軽にご連絡ください。

★是非HPの新着情報もご覧ください★


アーカイブ