平成29年度使用者による障害者虐待の状況等の結果

8月22日、厚生労働省ホームページに標記の結果公表がありましたのでお知らせいたします。
詳細は、添付ファイルをご覧ください。

【ポイント】

~ 通報・届出件数、虐待が認められた件数ともに増加 ~

1 通報・届出のあった事業所数、通報・届出の対象となった障害者数はいずれも前年度と比べ増加。
  ・通報・届出のあった事業所数           1,483事業所    (前年度比 12.7%増)
  ・通報・届出の対象となった障害者数        2,454人         ( 同 44.6%増)

2 虐待が認められた事業所数 、虐待が認められた障害者数はいずれも前年度と比べ増加。
    ・虐待が認められた事業所数        597事業所    (前年度比   2.8%増)
    ・虐待が認められた障害者数        1,308人        (   同   34.6%増)

3 受けた虐待の種別では、経済的虐待が1,162人(83.5%)と最も多く、

  次いで心理的虐待が116人(8.3%)、身体的虐待が80人(5.7%)となっている。

添付ファイル:
・ 「平成29年度使用者による障害者虐待の状況等」の取りまとめ結果