利用者日記

盛夏のお届け物2018年09月04日

 PC訓練の担当の方が特別企画を考えてくれました。夏の風物詩を届けてくれる「暑中お見舞い申し上げます」を作成したのです。なんと!普段、文章の入力がメインでしかない私がパソコンを使って挑戦したのです。この葉書はWordの白紙がベースで、Wordの機能を使って葉書となりました。

 まずは、何の葉書なのかを受け取った方が分かるように言葉を入力しました。しかし、初心者の私は大きなスクリーンに写し出された映像を見ながら、説明を聞きながらマウスとキーボードを操作しました。文字までは良かったのです。ですが、絵の作成の辺りからちんぷんかんぷんになりました。

 そこで、説明後にみんながどんなものを作っているかを見て歩いている担当の方を呼び止めて質問です。振り返って思いました。この出来上がった葉書を作成するのにどれだけ呼び止めていたのか。かなり笑ってしまいました。なぜなら、私のお届け先に涼しさをもたらさせる為に、クーラーの効いている部屋であったけれども、担当の方はせっせと教えて汗をタラーっと流していたのではないのかと思ったからです。

完成作品をプリンターで印刷し、出来栄えを確認しました。住所・氏名は拡大鏡が無ければ見られない程にミクロな表示になってしまいました。パソコンに戻って修正し、2度目で納得のいく葉書が完成しました。

今回の特別企画で、Wordの機能を活用することは文章を作成するだけではなく、アート作品(よく言い過ぎ)を作ることもできるのだと気づきました。まだまだ使い方によっては色々なことができるみたいなので、少しずつ学んでいくことができたら嬉しいなと思いました。

暦では暑さをジリジリと感じる季節です。そんな季節の最中、訓練の合間に涼しさを感じさせられたホッとするひと時でした。

盛夏のお届け物

カテゴリ

  • カテゴリーなし

アーカイブ