企業訪問記 『株式会社 羽車』様

2018 クロスジョブ障害者雇用促進フォーラム 企業訪問 第16弾

今回ご紹介させていただくのは、株式会社羽車様です。こちらではクロスジョブ鳳から就職された大和道介さんが勤務されています。

 

■ 雇用した決め手は?

今村様)最初入った部署では仕事面では合っていないという評価でした。ただ現場からは人柄が評価されたていましたし、大和さんは誰からも好印象な感じでした。今でも昼休みはいつも誰かと一緒にいる様子です。

この頃は業務の変換期で新しい業務が始まる部署があり、そこでの業務はすぐに馴染めたのでそこで頑張ってもらおうとなりました。

 

■ 今まで雇用されてきた方の共通している所は?

今村様)行事等に積極的に参加してくれるなど、会社の雰囲気に合う方ですね。

 

■ 雇用にあたって心配だったことは?

今村様)通勤が一番ですね。企業や支援機関みんなで協力したから出来たことです。

以前に工場を移転した時もその時雇用していて人がしんどくなってしまった事があって、障害を持った方にとってはそういった事も凄くストレスになる場合もあるんだなと気づきました。今ではなんでそうなったか分かりましたがその時は分からなかったですね。

津門様)実はうちの部署では障害者雇用が初めてなんですよ。大和さんと接してやっていけそうかなで始まりました。やってみたけど苦にはならなかったです。

 

■ 今までも障害者雇用されていますが、高次脳機能障害の人は初めてと伺いました。今までとは何か違う配慮された事は?

津門様)工夫したことと言えばエレベーターの白いラインと壁の補強ですね。

白いラインは線に沿っていけば壁にぶつからないのでは?という理由です。やってみると自分たちもぶつからなくてこれは良いなと気づきましたね。あと壁も万が一ぶつかっても大きな事故に繋がらないようにハンドリフトが通る所は板を貼り付けて補強しています。大和さんだけでなく、他の方にも役立っていると思います。

 

■ 今取り組まれている業務は?

津門様)完成した封筒などをハンドリフトで倉庫に運ぶ業務が7割、ダンボールへのラベル貼り3割。日によっては業務の内容や割合が変わることがあるが対応してくれています。

5時には周りの掃除をしてもらうのと、あとは会社のトイレ清掃も持ち回りでしてもらっています。

大和さん)2,3ヶ月に一回位の頻度だから一緒に入ってもらってる。

 

■ 津門様からみて大和さんの一番良い所は?

津門様)チャレンジ精神があるところですね。初めは一袋の商品を持つのも苦労していたが、今は力もついて何袋も持って運ぶ事が出来るようになってきています。地図を書いて渡したらそこに運ぶ事も出来ていますし、もし分からないときでも近くの人に聞いて運ぶことが出来るようになっています。メモもしっかり取っていますし、ミスした事も隠さず報告してくれています。

ダンボールのラベル確認も飛ばさないように見直しをしてくれていますし、ラベル貼り直しがないのは丁寧に仕事が出来ている証拠だと思います。

 

■ 今後大和さんに期待することは?

津門様)今後も仕事に対するの丁寧さを続けていただけたらと思っています。

 

■ 部署内で食事会や山登りなど和気藹々とした印象ですが津門様が企画を?

津門様)自分の思いつきですね。社外でも交流を持つことで会話が増えるかなと思いますし、それによって仕事上の話もより話しやすくなると思います。

 

■ 大和さんがこれから頑張りたいことは?

大和さん)商品をぶつけないようにと様々なことに挑戦したい。津門さんの思いに答えられるよう頑張りたい。休まずに来続けたい。

 

■ この一年で乗り越えた事は?

大和さん)就職してすぐは腰や足が痛くてしんどかった事や通勤も道を覚えるのが大変でした。けど今はもう慣れました。

 

◆ インタビューを終えて

今回のインタビューとても和やかに進み、羽車さんの雰囲気の良さが伝わって来ました。企業側からは大和さんの丁寧な仕事ぶりや仕事に対する向上心を羽車さんに必要なものとして考えられていました。それに対して大和さんも「会社に休まず来たい、津門さんの思いに答えられるようにしたい」ともっと企業に貢献したいと言う気持ちが伝わってきていました。一年でこれだけの関係が出来たのは企業の雰囲気と大和さんの人柄があったからだと感じました。

 

■ インタビュー対象者

株式会社 羽車 取締役 今村 元信様

株式会社 羽車 製造部 リーダー 津門 和也様

株式会社 羽車 勤務 大和 道介様(就職者)

■ インタビュアー

クロスジョブ鳳 巴・出原