新着情報

【堺事業所の近況9月を振り返って】2018年10月09日

9月は台風による暴風雨、そして、北海道で起きた大きな地震と、自然災害が立て続けに起こった月でした。それと共に、公共交通機関の早めの運転取り辞め。各施設の臨時休業等、自然災害への迅速な対応もあり、改めて防災への意識が高まった月でもあったのではないかと思います。台風の爪跡も各地に残っている状況でもありますし、北海道では今尚不安が続く日々かと思いますが、復興に向けて前向きに毎日を過ごしていらっしゃる皆様の姿を拝見し、勇気を頂いている毎日です。

事業所では10月を迎え、2018年度も折り返しに入りました。9月の事業所状況を振り返りたいと思います。

利用者の状況(就労退所者/新規利用者/契約者)

9月:0名/1名/21名

事業所では9月に新しく一名、利用者の方を迎えております。定員20名の事業所でありますが、21名の利用者の方々にご利用下さいました。

この一ヶ月、企業見学等へ行かれた方が、朝礼などで見学した内容や感想を、他の利用者の方々に発信してくださる場面が何度かありました。実際に企業に行かれた方のお話は、就職に向けて大変参考になりますし、この内容を通して、利用者の方々にも新たな興味や発見が生まれる時もあります。これからも皆様で情報を交換しあい、新しい経験を共有しながら、就職に向かって進んでまいります。

■企業実習の状況 (人数/企業数)

9月:2名/2社

実習に行かれる方は、9月では2名いらっしゃいました。

実際に企業の中で、働かれている皆様の姿を見させてもらいながら、業務を体験するという事は、利用者の皆様にとっても貴重な経験ではないかと思います。実習を終えられた方から、新たな気付きや発見があった事を明るく教えていただき、改めて企業実習で学ぶ事の大きさ、そして、企業実習の中で多くのことを学んで来られる、利用者の皆様の頑張りを感じさせて頂きました。

見学者、体験利用者の状況(見学者/体験利用者)

7名/2名

9月では、7名の方が見学に起こしいただいています。また、2名の方には体験利用をしていただいてます。クロスジョブ堺にご興味、ご関心を持って頂き、誠にありがとうございます。また各障害者就業・生活支援センター様、堺市発達障害者支援センター様、各基幹相談支援センター様、ハローワーク堺様、連携ありがとうございます。引き続き宜しくお願い致します。

■9月の取り組み報告

9月30日(日)に予定していた障害者雇用促進フォーラムは、台風の影響で中止とさせていただきました。インタビューに応じて頂いた企業のご担当者様、そして就労退所された卒業生の皆様、ご協力ありがとうございました。今回発表できなかったインタビュー記事ですが、また別の機会にお伝えできればと思います。

 

9月25日(火)には、洋服の青山の方にお越しいただき、グループワークを開催しました。スーツの着こなし方や、面接時の姿勢、お辞儀の仕方など、就職に向けて必要不可欠な内容を、とても分かりやすく教えていただきました。利用者の皆様も、気になっていた事を積極的に質問されたり、こまめにメモを取られているご様子でした。最後には洋服の青山の方々からの激励の言葉も頂き、大変充実したグループワークとなりました。

 

堺地域として、千代田短期大学の先生方が、事業所の見学にお越しくださりました。堺区の機関相談様からは、新しくご入職されたスタッフの方が、事業所の見学にお越しくださっております。クロスジョブで行っている就労移行事業の内容を知っていただき、誠に有難うございます。

 

また、企業様からは、山崎物流サービスの方々が来てくださり、障害者雇用を進めていくにあたって、どのような流れで進めて行けば良いのか、ピッキングの業務において、事業所内でのピッキング訓練を見ていただく中で、そのイメージを付けていただきました。

企業様との繋がりとしては、新しく5社の企業様と、開拓を通して繋がらせていただきました。今後とも、障害者雇用を進めていかれる企業の皆様の、力になる事が出来ればと思います。引き続き宜しくお願い致します。

 

■10月の取り組み予定

10月11日には、クロスジョブ鳳と合同で、せんしゅう授産センター様への見学を予定してあります。障害のある方が、企業で働く地域を作り上げていくために、堺地域一帯で取り組んでいければと考えております。今回の見学の内容は、改めてHP等で掲載させていただければと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。


※現在、堺事業所では、随時、見学・体験利用を受けつけておりますので、辻までご連絡くださいませ。


アーカイブ