スタッフの一日

ビジネスマナー研修に参加しました!2018年10月11日

こんにちは。鳳事業所のハムリンです。

 

あっという間に10月です。先週の金曜日、鳳事業所の前はだんじり祭りで盛り上がっていました。小さい子どもたちがはっぴを着て、だんじりを追いかける姿はとても可愛かったです。しかし、だんじりの太鼓の音をBGMに訓練に取り組むというのは、なかなかの集中力が試されるところです。お祭り気分との闘いです。午後から訓練がお休みの日でよかったですね。

 

さて、その日の午後はビジネスマナー研修に参加させてきただきました。

講師の方が教えてくださった「マナーは愛」

この言葉が、今も頭に焼き付いています。愛とは、人を想い、大切にすること。その気持ちは言葉と音と態度で伝わり、言葉よりも態度や声で、想いの大部分が伝わっています。何より、相手を想い、大切にしたいという気持ちを持っているかどうかというのは大前提の話です。

 

自分から心を開き、積極的に向き合うというのは、どちらかというと得意分野ではありますが、正しいマナーで対応できているかという点では、正直自信がありません。ビジネスマナーは、場面ごとに形を覚える必要があり、なかなか慣れないものです。いくつもの要素を同時に考え行動する必要があります。

 

しかし、講師の方のお話がとてもわかりやすく、考え方が変わりました。マナーの一つ一つには、なぜその形であるのか理由があり、その理由を理解すれば、そう難しくはないのかもしれないと感じました。そういう意味で、茶道と同じだと聞いて、なるほどと思います。流派で形に違いはあるものの、その形は相手を思いやる心から成り立っているのが茶道です。茶道を身につけるのにはお稽古が必要なように、ビジネスマナーも練習して身につけるものなのですね。

 

どのような気持ちで人と向き合っているかというのは、全て表に現れ、相手に伝わっているということです。自分のマナーをもう一度しっかり見直し、真心を込めて対応していきたいと改めて思う機会となりました。貴重な学びをさせていただき、感謝しています。ありがとうございました。