利用者日記

これから働くあなたへ(3)2018年11月07日

3.インタビュアーの話 ~話しやすさ、知性、正直さが不可欠~


①話しやすさ
例:真正面を避けて座り、話しやすさを作る。
ほんの少しだけ(体一つ分だけずらして座るだけで、対抗意識がなくなる。自分も相手も喋りやすくなる。
例:取材は車の中がベスト。敵対と真反対。真横に座ることにより話が弾む。
同じ方向を見ると、仲間意識が生まれることにより、本音を聞き、出しやすくなるため、暴露話などを聞きだすことができたりする。

 

②知性は胸にペンを1本刺して、知性をアピールする。

 

③手のひらを見せて正直さをアピールする。
手のひらを出すと、知らないうちに、自分のことを出してしまう。
また、逆に机の下に手があれば、何か隠しているのではとうたがわれたりするので要注意。

 

以上になります。
お読みくださり、誠にありがとうございました。

宮﨑 光弘


カテゴリ

  • カテゴリーなし

アーカイブ