スタッフの一日

第26回職業リハビリテーション研究・実践発表会 初日!2018年11月08日

ご無沙汰しています。クロスジョブ札幌スタッフの親松です。

本日から二日間、東京ビックサイトにて行われている『第26回 職業リハビリテーション研究・実践発表会』に参加し、全国の障害者雇用の研究や実践の発表を学ばせて頂いています!

そして、初日では鳥飼総合法律事務所の弁護士、小島健一様による「障害者雇用は『働き方改革』の決めてになる」ことをテーマにした特別公演と「実雇用率の低い業種における障害者雇用の取り組みについて」というテーマでのパネリスト4名の方によるパネルディスカッションのお話をお聞きしました。

株式会社美交工業 専務取締役である福田 久美子様によるお話ではビルメンテナンス業という職種から、高齢者の方や障害のある方が社会に貢献して働くことを主に「私たちにできることは何か」を考えていった結果、現在では大阪で問題視されていた公演に住むホームレスの方々を採用し、社会復帰を考えていくことができる環境を視野に入れた仕事の取り組みをされています。

働く方ひとりひとりのことを考え、問題に対しても社員同士で話し合う時間が自然と出来ていったというお話をお聞きし、問題を働く皆さんで考えられる職場…私ならとても安心できるなと感じました。

また、私たち支援者に求めることとして、『連携』を大事にしていくために、長く働いている方々への支援の問題についても挙げられており、クロスジョブ札幌も開所して間もない事業所ではありますが、考えていく必要のある問題だなと改めて思いました。それをまた、チームみんなで話し合い、考えていきたいと思います!

また二日間の報告を改めて投稿したいと思います〜!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


スタッフ

アーカイブ