第26回職業リハビリテーション研究・実践発表大会を終えて

既に多くの参加者から報告されていますが、今大会の最大の成果の一つは、小島氏の基調講演でした。「徹底した性善説であれ」は、常々クロスジョブ支援者に求められるスタンスであるべきだとの思いを、改めてその正当性をより広い視野で確信できた内容でした。是非、全社員と共有し合う機会を設ければと思います。もう一つの成果は、常に現場主義、障害者のある方々の支援からズレない梅永先生と共に分科会にクロスジョブの2人が素晴らしい発表をやりきった事です。現場の大変な支援の中で準備され、沢山の聴衆の前で本当に、緊張で心が折れそうになった事がいっぱいあったと思います。ご苦労様でした。さらに、若手が4人が参加され、学びと共に、その報告に力を発揮していただけた事、こ苦労様でした。参加いただいた皆さん、明日明後日は、ゆっくり休養してください。また、留守中、事業所を支えていただいた皆さんありがとうございました。

第26回職業リハビリテーション研究・実践発表大会を終えて

第26回職業リハビリテーション研究・実践発表大会を終えて