利用者日記

すっかりサラリーマン!?2018年12月20日

クロスジョブ阿倍野に通い始めて約1ヶ月が経った。

自宅は北摂にあるので通うのは通勤時間帯の阪急電車と地下鉄だ。人の波にもまれながら、悪くするとまったく椅子に座ることもできないまま阿倍野駅までたどり着く。左半身麻痺の残る自分にとってはキツイ時もある。駅に着いてからもしばし地下街の旅だ。エレベーターに乗ってビルの7階にたどり着くとスタッフさんや他の利用者さんが慌ただしく朝の準備をしている。定刻になると朝礼が始まりその日の課題が始まる。水曜日は高次脳機能障害の人ばかりのグループでのグループワーク。自分と似たような障害の人たちとの会話は気づきや興味深い発見を与えてくれる。昼になるとお気に入りのラーメン屋に行く。路面電車の走る阿倍野筋を渡ってすぐ。扉を開けて入ると「毎度~」とお母さんの声。もう顔なじみになるほど通っている(笑)。札幌で修行した、という大将が作るラーメンはどこかホッとする懐かしい味だ。クロスジョブ阿倍野の記憶は通所初日に発見したこのラーメンと共にある、といっても良い。朝、通勤ラッシュに揉まれ職場にたどり着き、挨拶を交わして朝礼で一日を始める。昼メシは馴染のラーメン屋。なんだかすっかりサラリーマンに戻ったような気分だ。

クロスジョブ」の「クロス」には

「障害者」「×」「企業」

の「架け橋」になりたい、という理念が込められている。

障害者雇用のニュースが話題となる昨今、「意外とトレンドの「ただ中」にいるのでは?」と思ったりもする。心地よい疲れと共にエレベーターを降りたら、これまた馴染の「珈琲館」で炭焼コーヒーでも飲んで帰ろう。すっかりサラリーマンや(笑)。

 


カテゴリ

  • カテゴリーなし

アーカイブ