新着情報

合同グループワーク(高次脳)の感想④2019年04月05日

更新が遅くなってしまい申し訳ありません。

グループワークの感想を2週間も遅くなってしまいました(>_<)

 

2週続けての報告をさせていただきますね。

 

 

3月27日は

クロスジョブ札幌を利用され、就労退所された方(Mさん)がお仕事がお休みということで久しぶりにグループワークに参加して下さいました!

働いてからの状況やクロスジョブを利用していた時の流れなどをお話してくださいました。

フリートークが多めになってしまいましたが、現在利用されている方々も元々一緒にグループワークに参加されていた方だったので久しぶりに会えて、とっても嬉しい顔をされていました(^^)

Mさんも現在就職して5か月経ちましたが、企業さんから「感情の起伏がなくお話しやすい」「とても戦力になっている」と嬉しいお言葉をいただいており、持ち前の明るさが職場の方からも好印象となっているようで、本当に本当に嬉しい経過報告を聞くことが出来ました(^^)

最後の方には、また別の就労退所されたSさんも面談で来所されていたので、Sさんもグループワークに参加してくださいOB会のような形で皆さんお話しすることが出来ました。

遠くから皆さん談笑されている場を見ていて、こういう交流の場を今後も定期的につくれたらいいなぁと感じていました。

 

 

そして4月3日に行ったグループワークテーマは

『実習で気づけること』というテーマで行いました。

参加された皆さん(今回の参加者は札幌メンバー3名、米子メンバー1名)はすでに体験実習を経験されていた方だったので、それぞれの職種ごとに気付けることは何か実体験をもとに意見交換を行いました。

職種は違えど、共通することが多くあることに気付くことができ、体験実習一つでいろんなことに気付くことができるとても大切な時間であることを再確認させていただきました。

 

 

4月に入り、実はまだテーマ報告を出せていない現状にただただ申し訳ありません(T_T)

今週中には報告できるよう現在調整中となっております。

大変申し訳ありませんが、もう少しお待ちいただければと思っています。

 

 

高次脳機能障害を持った人が果たして働けるのか?働いている人の話を実際に聞きたい。

働きたいけど、不安という気持ちがある方は、ぜひお気軽にご参加していただけたら嬉しいです。参加したいという方がいらっしゃったら、ぜひ、札幌事業所の角井と柏谷までご連絡をして頂けると嬉しいです。

鳥取米子にお住まいの方はクロスジョブ米子の山根までご連絡いただけますと嬉しいです。


アーカイブ