就労支援フォーラムNIPPON2019に参加

このフォーラムも6年目を迎え、今年から新たに〜総力戦のSEASON2〜となり、障害者就労支援に関わる全ての全国団体が一堂に集まる場に向かうスタートらしく満席1500人が集まった。クロスジョブも米子事業所が、鳥取県と日本財団とのコラボで誕生した発達障害などの若者就労困難者の一般就労を支える機関「オフィス型ジョブトレーニングセンター」の取り組みからの3年間をまとめた「地方の就労移行支援事業所が存続する為に」のポスター発表で参画した。2日目の昼からのパネルディスカッションは、「障害者雇用ビジネス〜それは"安易な雇用"ではないのか?〜」というテーマでセンセーショナルな議論に挑む場となった。こうした全国的なステージで全国的なテーマを聞く機会は、大切だと感じる機会となった。クロスジョブ米子の取り組みがどういう種となったか、期待したい。

就労支援フォーラムNIPPON2019に参加

就労支援フォーラムNIPPON2019に参加

就労支援フォーラムNIPPON2019に参加