合同グループワーク(高次脳)の感想

こんにちは!

札幌事業所の角井です。

週に一度の高次脳グループワークですが、

今回から、参加してくださっている利用者さんが感想を書いてくださることになりました(#^^#)

みなさんぜひご拝読いただけますと嬉しいです。

 

********************************************************************

本日は「失語症について学ぼう」をテーマにグループワークを行いました。

 

失語症の種類として3つ考えられています。

 

運動性失語(ブローカー失語)・・・・前頭葉

感覚性失語(ウェルニッケ失語)・・・左側頭葉

全失語

 

この中から運動性失語と感覚性失語についてエピソードと対策についてディスカッションを行いました。

 

《エピソード》

◦たまに言葉が出づらい

◦耳で聞いたことを理解するのが難しい

◦単語が出ない

 

この様な場合どうしたら良いのか?

 

《対策として》

◦文章をあらかじめ用意しておく

◦深呼吸をして落ち着かせる

◦社会参加を増やし言葉を使って話をする

◦人とコミュニケーションを図る

◦趣味を増やし好きな物を見つける

◦読書をして音読みしてみる

◦聞き取れない時はもう一度聞き返す

◦言われた事を紙に書いて合っているか見てもらう

◦失語が有ってコミュニケーションを取るのが苦手だと伝えておく

 

この様な対策を行って私たちの目標である就職する為に企業の方々は

どの様に対応をしたら良いのか?

コミュニケーションは取れるのか?

疑問を持たれると思いますのでしっかりと対策を実行して自分で応えられる様に

準備をして置きましょう

 

 私自身、2018年の3月に退院し5月に前の職場に復帰してから自分では失語症

なっている自覚が有りませんでした。職場や家または病院や友人たちとは、前より口数は少なくなっても普通にコミュニケーションを取っていたつもりでした。

退院してから左手で字を書く練習をしていた時に五十音を間違いたり、電話や前の仕事を辞めてクロスジョブ札幌に入所した時の挨拶の時に頭の中ではわかっていてもうまく言葉が出てきませんでした。

今は終礼の時に話すことをあらかじめ考えてメモを用意して話をしたりして、少しでも話せるようになりたいと思っています。

 

 

来週は……ヒミツらしいです⁈

 

********************************************************************

〈合同〉グループワークとして、クロスジョブを利用されていない方の参加も可能です。

当事者の方だけではなく、ご家族の方、リハビリスタッフさん、ソーシャルワーカーさん、支援員さんもご興味がありましたら是非ご参加ください!

下記宛先まで、ご連絡お待ちしています。

 

《 ご連絡先 》

札幌事業所・・・角井(かくい)・柏谷(かしわや)

TEL:011-596-0622  FAX:011-596-0623

 

合同グループワーク(高次脳)の感想