高次脳合同グループワーク(札幌)

今日は『報連相について』がテーマです。

「報連相」と聞いて・・・私には随分と前のサラリーマン時代に、上司から「報連相」について「なぜ必要か?」を聞いていたことを思い出しました。

 今日の『報連相について』先ず「なぜ重要なのか?」について、みんなで意見を出し合いました。この「なぜ重要なのか?」の意見は業務面(ハードスキル)と精神面(ソフトスキル)に分けられるとの事でした。その後は「報連相」で「課題になっていること課題になりそうなこと」についてディスカッションを行いました。

 

 

 仕事を行なう為に「報連相」が大事だと思います。

「報」報告は上司が部下たちと問題なくスムーズに進める為に、上司は部下に仕事を任せ、部下は貰った仕事を受けるときに、どの様な仕事を受けたのかを報告する為です。

「連」連絡は仕事の状況をみんなで知って情報を共有することで意思の疎通が出来る為です。

「相」相談は問題が発生したときに、どの様な対策を用意するのか?上司や部下たちが打ち合わせを行って一人で悩まず、共有することでスムーズかつ効率的に仕事が進む為、大事だと思います。

 私はクロスジョブの学習時間に複数の課題を与えられて時間を決めて行う様にしていますが、グループワークの3分スピーチと、この感想文を書いているときによく時間が過ぎていることがあります。時間がオーバーしそうな時は、終了予定の5分位前には「あと何分欲しいです」と、聞けば良いのですが夢中になっているときは忘れてしまうので、その様な所も仕事の訓練と思ってちゃんと5分前には声掛けを実践したいと思います。

 

来週も「報連相」のつづき・・・だと思います。

 

**********************************************************

 

〈合同〉グループワークとして、クロスジョブを利用されていない方の参加も可能です。

当事者の方だけではなく、ご家族の方、リハビリスタッフさん、ソーシャルワーカーさん、支援員さんもご興味がありましたら是非ご参加ください!

下記宛先まで、ご連絡お待ちしています。

 

《 ご連絡先 》

札幌事業所・・・角井(かくい)・柏谷(かしわや)

TEL:011-596-0622  FAX:011-596-0623