高次脳合同グループワーク(札幌)

『焦らないための対策』

 

■どんな時に焦るか

   (業務関係)

 •イレギュラーが起きたとき

 •ルーティン作業で時間をとったとき

 •業務納期が近づき、まだ終わってないとき

 •やらないといけないことを忘れてしまったとき

 •業務が重なったとき

 

   (対人関係)

 •必要なものが見つからないとき(お待たせしている)

 •指摘(怒られる)されたとき

 •他の人に迷惑をかけてしまったとき

 •人と比較して自分より出来る人を見たとき

 

■みんなの対策方法

   (業務関係)

 •早めの行動を心掛ける

 •紙とかに書いて忘れないようにみえる所におく

 •自分を知る(理想の自分をイメージ)

 •予測を立ててのスケジューリングする

 •「しょうがない」と、思って切り替える

 •迷惑かけてしまったと思ったらあやまる(心からの謝罪)

 •待たせていると思わない様にする

 •次の日の予定を立ててシミュレーションする

 •業務コントロールをする(焦ると思ったら、あらかじめ時間の相談をする)

 

   (対人関係)

 •落ち着くように深呼吸する

 •職場の人に理解してもらう

 •‶自分は自分″と思うように意識する

 •元々能力に差がある生き物だからって思う

 •‶次頑張ろう!!″って思う

 •自分が出来ることをやってたらいいかな!!と思う⇨得意なことを見つける

 •相談する

 

■みんなの感想

 ▫周りの意見を聞けたのが良かった。今までの経験から話せたことが良かった。

 ▫みなさんの意見が聞けてとても勉強になりました。今後自分が実践で使ってみたい事があったので良かった。

 ▫たくさんの人がいてとても楽しかったです。今後また人が多いと意見が出るので、また参加して下さい。

 ▫大人数でしたが、充実したグループワークでした。参加者の方それぞれ発言出来ていたのが良かったと思う。

 ▫途中からの参加でしたが、自分と似た考えの方がいて、とても嬉しかったです。

 ▫参加人数が多くて、意見を聞いていると、いろんな考えがあって、

  中には柔軟な考えで自分では思いつかないような意見もあったので、参考にしたいと思いました。

 ▫倒れた後からは、余り責任のある仕事をしてないため、焦る事があまりなかったのですが、

  サラリーマン時代を思い出すと、色々な場面で焦りを感じていました。

  今回のテーマを踏まえて予定をきちんとスケジュールし行い、

  タスクを作って毎朝確認して未然に防ぐ様にしたいと思います。

 

**********************************************************

 

〈合同〉グループワークとして、クロスジョブを利用されていない方の参加も可能です。

当事者の方だけではなく、ご家族の方、リハビリスタッフさん、ソーシャルワーカーさん、支援員さんもご興味がありましたら是非ご参加ください!

下記宛先まで、ご連絡お待ちしています。

 

《 ご連絡先 》

札幌事業所・・・角井(かくい)・柏谷(かしわや)

TEL:011-596-0622  FAX:011-596-0623