非常事態宣言発令地域大阪のクロスジョブスタッフは、人との接触、8割削減のために在宅勤務開始しました。

本日より緊急事態宣言発令地域の大阪4事業所のスタッフは、「2日出勤・3日在宅勤務」を開始しました。これは、利用者、ご家族の皆様のご協力あってのことで、大変深く感謝し、感染爆発を止め、はやく本来の就労支援が再開できるように頑張っていく決意であります。そうした思いから在宅勤務者には、毎日の在宅業務や一日を振り返る想いを各事業所のスタッフの一日に掲載します。また在宅勤務者は、日々事業所にて行われている朝礼、終礼へのリモート参加による情報共有、リモートによる利用者の方との面談、自己研鑽、在宅勤務者によるリモートグループワークにも取り組み、この機会を支援力の向上に努めます。ご理解の程よろしくお願いします。