安心してご利用いただける訓練環境を提供します!

   新型コロナウイルス感染症に対するクロスジョブの対策

  1. クロスジョブは、新型コロナウイルス感染症に対する正しい認識、理解を深め、不安と無理解から拡がる「コロナ差別」、社会的スティグマには毅然と反対します。
  2. クロスジョブは、個人への自粛要請でなく、休業補償、検査拡充による地域医療体制の整備を速やかに実施し、安心して働き生活できる地域社会の実現を求めます。とりわけ、喫緊の課題として、発熱後5日以内に、PCR検査が地域医療機関で受けられることを求めます。
  3. クロスジョブ各事業所における感染防止対策は、以下の通りとします。
  • 事業所内に入室する際には、洗面所にて手洗いをして頂き、その後アルコールによる消毒をお願いしています。
  • 出勤時、通所時、さらに、昼からの訓練開始時の検温を実施し、状態の変化に的確な把握対応に努めます。
  • 他の人と会話をする時、または、2メートル以内に近づく場合は、屋内外問わずマスクを着用します。
  • 朝終礼などスタッフの会議、利用者面談の際は、アクリル板等のパネル等を設置して、マスク着用なくても飛沫感染を防止する状態を確保します。
  • 昼食時など向かい合っての飲食は、禁止します。
  • 1時間に1回、窓を開けた室内換気を実施します。(クロスジョブ梅田については、ビルの換気システムで対応しています。)
  • 訓練室を使用する前には、訓練室の机、椅子、扉の取手など、手に触れる箇所の消毒清掃を実施します。
  • スタッフルーム、スタッフの手が触れる箇所についても、同様に、退勤時もしくは、出勤時に消毒清掃を実施します。
  • 施設外における支援にかかわる場合は、携帯用消毒液を持参します。

 4.緊急事態宣言発令地域など市中感染が疑われる地域では、下記のとおりスタッフは対応します。

  • 発熱や倦怠感がある場合は、無理をせず休み、発熱症状が続く場合は、速やかに医療機関を受診します。
  • 体温が37.5度以上あるなど、新型コロナウイルスに感染している可能性が高い場合、医療機関の受診が困難な場合、または、受診しても感染の有無が不明な場合は、37.5度未満になっても4日は、自宅待機として休業手当の支給、または、在宅勤務とし出勤を許可しません。
  • 本人の体調は悪くないが、家族が新型コロナウイルスに感染、または、その疑いがある場合も、上記と同様とします。

 5.利用者の皆様には、一日又は半日通所、時差通所、在宅訓練等の訓練体制を準備します。

 6.新型コロナウイルス感染防止として新たに必要な対応が求められる場合は速やかに実施します。

                                                    

              2020/5/22 特定非営利活動法人クロスジョブ 代表 濱田和秀