クロスジョブ設立10周年記念第11回通常総会、ご参加ありがとうございました。

「クロスジョブブランド確立10年からクロスジョブを地域ブランドへ」を掲げたクロスジョブ設立10周年にあたる第11回通常総会が無事終了しました。梅雨の合間の晴れた休日にも関わらず、ご出席いただき大変ありがとうございました。                     総会には、新たに地域で共に歩んでいただける12人1団体の方々にご会加入いただき、ご発言いただきました。総会に参加した各事業所の会員が、ホームページのスタッフの一日に、その発言から学び、振り返った感想が掲載させて頂いてます。そこには、いよいよ地域ブランドへの道、すなわち職業紹介事業化しつつある就労移行支援事業でなく障害福祉サービスとしての就労移行支援事業へとはっきりと舵を切っていくことへの共感と賛同、決意が示されてます。        また、地域ブランドへの道を作り出して行くために、クロスジョブ各事業所のスタッフと地域の会員の皆様を繋ぐ会報「クロスジョブ&コミュニティジョイント」を月刊発行していきます。   この記念総会でご発言いただいた地域の皆様の発言をホームページにこれから掲載していく予定です。ぜひ、多くの方々にお読みいただき、志を同じくする方々に会員になって頂けたらと思います。                    総会の閉会の挨拶で、開所以来理事として支えて頂いている高次脳機能外来なやクリニックの納谷医師より、「クロスジョブは“福祉”である。利益のみを追求するのでなく、その人の“幸せ”をいつも考えていってほしい」の言葉の通り、クロスジョブは、進んでいきます。よろしくお願い申し上げます。