高次脳グループワーク(札幌)

本日のテーマ『相談会のテーマ決め』

参加者  6人  

スタッフ 1人

議事録  I

皆様 お世話になっております。

7/7のグループワークの報告をさせて頂きます。

 

今回のメインの目的は、次回以降のテーマを決めることでしたが、現時点で参加者が抱えている悩みや問題で、

「①脳疲労のケアについて」「②失敗を繰り返さない工夫」の議題を取り上げて欲しいという要望と皆さんの意見がありました。

この2つの議題についてまとめてみたいと思います。

 

「①脳疲労のケア」

『どのような時に疲れ易いか』(参加者からの意見)

・頭を使う訓練全般

・苦手な作業をしている時

・注意を向ける情報が多い時

・同時進行する課題が多い時

 

『脳疲労への対策として挙げられた意見』

・時間を決めて休憩を入れる(効果:集中力の持続性の保持・気分の転換)

・深呼吸をする。

・苦手ではなく得意な作業をする。

・マッサージをする。

・環境を変える。

・糖分を取る(※取り過ぎ注意!)

・見る情報の整理をしたり、不要な情報を隠したり少なくする。必要な情報は拡大して見やすくしたりする。(情報の整理)

 

「②失敗を引きずらない工夫」

『失敗を引きずらない為にどうするか?』(参加者皆さんの対策例)

・苦手な事ではなく、得意な作業(仕事)をする。

・プライドを破って今の自分をありのまま受け入れる。

・自分と向き合って自分の出来ることをする。

・ミスの原因を考えて、できる対策を1つ増やす(心のダメージを減らす)

・自分で答えを出せない時は、他の人の意見を聞く。

 

〈感想〉

・脳疲労と失敗に対する内面的なものは外部からわかりにくいものなので、このようなグループワークの場で話し合いをしたことにより、初めて自分以外の人の様々な苦労や対策が見えてきました。

数多く上げられた意見の中で、今後参考にしたい意見も多くありましたので、今後の訓練に活かして行きたいと思いました。

・自分は、訓練の課題が多くあり、正直言ってしんどい自分がいますが皆様の意見を聞いて、参考にしたい意見がありました。今後使ってみたいと思いました。

・脳疲労と思われる睡魔も今まではそのまま訓練を行い休憩を取っていなかったので今後は眠気を感じたら無理をしないで10分休憩を取ってリフレッシュすることを考えるのも良いと思いました。

 

〈合同〉グループワークとして、クロスジョブを利用されていない方の参加も可能です。

当事者の方だけではなく、ご家族の方、リハビリスタッフさん、ソーシャルワーカーさん、支援員さんもご興味がありましたら是非ご参加ください!

下記宛先まで、ご連絡お待ちしています。

 

《 ご連絡先 》

札幌事業所・・・角井(かくい)・柏谷(かしわや)

TEL:011-596-0622  FAX:011-596-0623