高次脳合同グループワーク(札幌)

本日のテーマ『企業実習報告』

 

参加者  8人

発表者  T氏

スタッフ 1人

議事録  角井

 

アップが遅くなってしまい申し訳ありません。7月28日に行われた高次脳グループワークの議事録です。

 

本日は『実習報告会』として、事務業務の実習に行かれた方の報告を聞きました。

「実習前」

・実習の目的

・実習で意識して取り組むこと

・用意したこと

 

「実習中」

・企業情報

・行った業務

・気づいたこと

 

「実習後」

・クロージング内容(企業からのフィードバック内容)

・クロージングをもとに、今後取り組むこと、今後の方向性について

 

上記のように大きく3つの過程に分けて説明をしてくださいました。

今回参加された方は、全員企業実習経験がない方だったため、詳しく流れを説明していただき、

とてもわかりやすく、イメージしやすい報告をしてくださいました。

 

今回の実習で新たに気づいたこととして『疲労による業務中の眠気』という部分が挙げられ、

今までの事業所内訓練の中では大きく支障が来さなかったものが、今回の実習では業務途中で眠ってしまったことを振り返っていました。

高次脳機能障害の特性として『易疲労性』からくる強い眠気との付き合い方を今後取り組んでいくことを振り返っていました。

また、今回の実習をもとに、自分にとって『自分がつらくない、ストレスが少ない働き方』が働く上で一番重要視したい部分であると振り返られ、今後の職種選択などを行っていくことを報告してくださり、とても充実した実習内容だったのだなと感じた報告会でした。

 

報告終了後には、約30分ほどの質疑応答の時間を取りました。

▷皆さん、業務の習得(記憶)について

▷気持ちの切り替え(感情コントロール)について

▷眠気(易疲労)について

▷報連相について

などなど、自分にも当てはまることに対しての質問を多くしていただき、とても充実した時間でした。

 

◎感想

 • 実際に実習の内容について、具体的に知ることができてよかった。

   他の人の頑張りを、自分の力にしたいと思った。

 • 未だ実習に参加した事が無いので、今回の報告は職種が多く様々な発見があった内容が多く訓練だけではわからない発見があったんだなと感じました。

 • 企業実習に行かれた実体験談を初めてお聞きしたので、8月以降に行くかもしれない準備を出来るので良かったです。

   (レジュメ、サポートブック、評価表、日報など)

   自己評価と他己評価のすり合わせはとても難しいので、自己紹介シートを自分で書くために、しっかり向き合っていきたいです。

   自己肯定感が低いと大変ですが…

 • 眠さについての話が仕事中にどうすればいいのか皆さんの話を聞けて良かったです。

 • とてもわかりやすい実習報告でした。自分も睡魔に弱いところがあるので、いくつか対策を聞くことが出来て良かったです。

 • 今日、Tさんのをみて、前回のYさんのは全く理解できなかったのですが、今になって理解できるようになって、

   自分に置きかえてみて、自分だったらどうなのかな?とか、できるのかな?とか思いました。

   報連相や復唱は目標にしてたので、僕も頑張ろうと思います。

 ・ 本日は細かい所まで詳しくお話してくれたので、とてもわかり易かったですし、質問に対して、とても丁寧にお話してくれたので良かったです。

   今後自分は、どうなるかわかりませんが、今後の課題が見えてきましたのでそこをなんとかクリアしていけたらいいなと思いました。

 ・ 今回初めて企業実習報告を聞かせて頂きました。日頃頑張られている「報連相」についての取り組みがとても勉強になりました。

 

<報告者T氏の感想>

皆さんからの質問に答えていて、このメンバーで私が最初に企業実習に行って来たので、次に行かれる方々が「はじめての企業実習だけど、Tさんがこの様な準備やこの様なことを企業でしていたなぁ」と、思ってもらえて今回の企業実習報告会を参考にしていただけたら、私としては、うれしいことです。

皆、状況は違いますがクロスジョブで訓練している仲間ですから、より良い就職先に決まることを願っています。

 

■スタッフより

クロスジョブでは実際の企業さんでの企業実習の機会を大切にしています。

企業実習を行われた方は可能な範囲で、今回のように発表をしていただく機会を作っていますので、

興味のある方はぜひ下記連絡先までご連絡お待ちしています。

 

**********************************************************

 

〈合同〉グループワークとして、クロスジョブを利用されていない方の参加も可能です。

当事者の方だけではなく、ご家族の方、リハビリスタッフさん、ソーシャルワーカーさん、支援員さんもご興味がありましたら是非ご参加ください!

下記宛先まで、ご連絡お待ちしています。

 

《 ご連絡先 》

札幌事業所・・・角井(かくい)・柏谷(かしわや)

TEL:011-596-0622  FAX:011-596-0623