高次脳グループワーク『面接報告』(阿倍野)

おはようございます。クロスジョブ阿倍野の村上です。

 

今週の高次脳のグループワークでは、

➀1週間の振り返り

➁面接報告

➂困りごとの共有から今工夫して取り組んでいること(先週の続き)

について話しました。

 

➁の面接報告の中では、みなさん共感できる部分がありましたのでご紹介したいと思います。

最近私自身も担当の方と一緒に面接に同行する機会がとても多いです。

今回の報告された方も話されていた『若い社員と一緒に働くのはどうですか?』

という質問を毎回のように受けます。

 

企業の方にとってそこはやはり気になる部分なのかと感じます。

 

高次脳機能障害でクロスジョブを利用されているかたは大半が社会経験があり、それ故に企業に入ったとき、または復職したときに感じる部分を今回は共有できました。

ある方は、「若い社員の人が困ってたり、働いている様子を見ると『おれもこんなん経験したわ』と思う。いろいろアドバイスしたいこともあるけど言いにくい。気づくことがあっても言えないからストレスがたまる」と話されていました。

なかなか吐露しにくい部分を共有して頂けてとても勉強になりました。

 

面接でもどう回答していけばよいのか難しいところではありますが、日々の訓練で実際に年下のクロスジョブのスタッフから指示を仰ぐ状況で練習していくしかないのかなとも思ったりしました。

今回は短い報告となりますが、他のテーマでも報告したい内容がありますのでまた挙げさせていただきます!

 

高次脳グループワーク『面接報告』(阿倍野)