S.K(クロスジョブ461番目の就職者より)

S.K(クロスジョブ461番目の就職者より)
S.K
就職日:2020/11/1
利用施設:クロスジョブ 札幌

この度、保育園の清掃のお仕事で就職が決まりました。

就職が決まるまで本当に長い道のりでした。

 

私は、自分の障がいについて知ったのは、4年前のことでした。

できないことや周りの人と違うところはあるけれど、努力をしたらできるようになると信じていて限界まで頑張っていました。自分の頑張り方では、どうにもならずにいました。そのことから、社会に適応していくためには、訓練が必要だと思い就労移行支援に通うことを決めました。

私がクロスジョブに通おうと思ったのは、これまで困っていたことやできないことがたくさんあってここに来たら克服できると思ったからです。

 

通い始めたばかりの頃は、できないことばかりで悔しい気持ちでいっぱいでした。

手先を使う作業では、時間がかかり上手くできなくて自分は手先が不器用だからと思っていました。パソコンや事務の課題は、メモもうまく取ることができず同じことを何度も聞いた気がします。これも仕方ないとあきらめていました。ですが、面談や振り返りを通してメモの活用の仕方を教えていただいたり、セルフチェックのマニュアルを作ったりすることでできるようになったことが多くありました。

手先を使う作業も集中を途切れないようにすることでできるようになりました。

 

施設外就労では、実践的に報告・相談・連絡の仕方を学びました。

質問出来ずに作業をしてしまうことで困るのはお客様ということを知って、仕事に対しての意識が変わりました。また、同じミスばかりしていたため、改善するためのシートを作って、作業が落ち着いてできるようになりました。施設内での訓練のマニュアルを作っていたことで応用ができるようになりました。

 

企業見学と実習では、自分のできる仕事を探すまでたくさんの企業見学に行かせていただきました。そのことで自分にはできないこと、できることが明確になりました。様々な仕事があり、様々な考え方もたくさんあると知って成長した部分も多くあります。見学から実際の実習をさせていただいて、自信が持てるようになりました。私が苦手だからできないと思っていたことも他の方から見たら違うということもありました。わからないことが聞けている、責任感があるなど評価をいただきました。できないと思っていたことができているんだという発見になり、就職につながっています。

 

気持ちの面で落ち込んでしまうと体調をくずして休むことが続いてしまっていました。その時の思考について考えて、そうなる前にどうしたらよいかという対策をたてました。また、不安解決シートというものを作っていただいて不安について書き出すようにして気持ちの切り替えもできるようになってきています。

 

まだ、できないこともあります。これから、就職して成長し続けていけたらと思っています。

働き続けるという目標に向かって一歩一歩進んで行けたらと思います。

ここまで支えてくださった皆さん、ありがとうございました。

 

お祝いの言葉をどうぞ!
名前(必須) 必須項目です
メールアドレス
(非公開)
コメント(必須) 必須項目です