みんなのメモの使い方~企業が求める3つのポイント~

札幌高次脳グループワーク『メモを活用してみよう!』

 

参加者  6人  

スタッフ 1人

議事録  T

皆様 お世話になっております。

1/26のグループワークのお報告をさせて頂きます。

 

・皆さんのメモを活用していますか?

角井さん:ほぼ日手帳、タスクメモ、一日まとめシート、自由記載メモの4つを使用。

     1年のスケジュール管理、その日行うこと、一日何をしたかをまとめる、何でもOKメモで使用わけをしている。

Mさん :100均の3冊手帳を社外施設用、実習や見学内容、スケジュール確認メモとして使い分け。手順書はPCでマニュアル化。

Gさん :システム手帳をスケジュール管理、A6サイズ2冊をやり方・手順書、付箋をとっさの時に殴り書きする。

Sさん :ポケットサイスリングメモをスケジュール確認、システム手帳を月間のスケジュール確認(てんかんの回数、詳しい内容など)、付箋で明日行うこと、マニュアルで作業やり方などを作成してもらう。

Kさん :A6メモをスケジュールメモに使用して、家に帰ってから別のA6のメモに清書にすることに使用。それに付箋を付けたり、写真を付けて1ページで抑える。

 

以上が参加者からの回答でした。

 

その後、企業が求める3つのメモの『メモをスムーズに準備できるか』『メモを取ること

ができるか』『メモを見返して、教えてもらったことを実践できるか』について角井さんからお話があり、大変活発な意見や経験が出された会になりました。

 

 

〈感想〉

今回のグループワークは『メモを活用してみよう』という日常当たり前に皆がやっていることの題材でしたが、企業が見ていることや、皆がやっている事の見直しとなるべきことなど、参加者の方々にはとても参考になった会であったと思います。

私も自分のメモの取り方に目をむけて、付箋の使用や清書の必要性など改善できるところは直していこうと思いました。

 

**********************************************************

 

〈合同〉グループワークとして、クロスジョブを利用されていない方の参加も可能です。

当事者の方だけではなく、ご家族の方、リハビリスタッフさん、ソーシャルワーカーさん、支援員さんもご興味がありましたら是非ご参加ください!

下記宛先まで、ご連絡お待ちしています。

 

《 ご連絡先 》

札幌事業所・・・角井(かくい)・柏谷(かしわや)

TEL:011-596-0622  FAX:011-596-0623