『注意について学ぼう』

高次脳合同グループワーク(札幌)

本日のテーマ『注意について学ぼう』

参加者  6人  

スタッフ 柏谷さん

議事録  T

皆様、お世話になっております。

3/3のグループワークのお報告をさせて頂きます。

 

1.注意について知ろう

◎「注意」には大きく下記の4つに分けられます。

①注意の持続:別の刺激に注意が向いてしまい、仕事に集中できない。

       表情が乏しくなる。ボーッとして反応が遅くなる。

②選択的注意:1つの事に集中して周りに気づけない。

       必要な情報にだけ注意を向ける。

③注意の転換:状況に応じて注意を切り替えられないため、同じような行動をし

       たり、同じことを言ってしまう。つぎの行動に移れない。

④同時処理(分配):1度に2つ以上のことに意識を向けて作業することが難しい。

       電話の対応で、メモを取りながら話をすることができない。

 

●脳の特性

 ・脳の発達(発達障害)

 ・脳の損傷(高次脳機能障害)

➡どちらも似ている注意の特性がある。人それぞれ特性が違う。

 

・目、耳、感覚 ⇒ 全身で受け取った情報を脳が処理する。

・上手く処理が出来ないと情報が多くて疲れやすい。

(自分が何で疲れるか、どのくらいで疲れるか知る。)

 

2.それぞれの注意別に補完方法を考えてみよう

【皆さんの意見】

Kさん :1番は持続が大変。疲れると持続できない。一点集中型。

Kuさん :疲労があると持続に影響。優先順位を先に決める。(先輩に渡す物は先にする)

Gさん :過集中タイプ。選択はその時のメンタルの調子による。

     作業に慣れているかどうかも影響する。

同時は無理!雑になりミスがでる。

Iさん :ボーっとして集中が切れる。周りに気づけるため、逆に自分が気を使いすぎる。

     電話の同時作業は難しい。

 

※自分の得意な注意、苦手な注意を知って、働き方や環境を考える。

 疲労コントロールすることが大切!

 

【皆さんの感想】

・共通しているのは、同時進行が苦手な人が多いと思った。

・注意の4つを覚えて自分にあった方法を考えられた。

・自分の苦手な注意を知れて、他人のアイデアを聞けて良かった。

・脳疲労の原因と解消の仕方を考えたい。

〈感想〉

今回は「注意」として4つの違いが上げられたことが、1番自分に取って勉強になりました。普段何気なく処理してしまっていることが、この注意が原因であると言うことが大きく

関わっていることが分かりました。

これを読まれた皆さんも、何か「注意」に関して1つでも身になってくれると幸いです。

それでは乱文にて失礼いたします。

**********************************************************

 

〈合同〉グループワークとして、クロスジョブを利用されていない方の参加も可能です。

当事者の方だけではなく、ご家族の方、リハビリスタッフさん、ソーシャルワーカーさん、支援員さんもご興味がありましたら是非ご参加ください!

下記宛先まで、ご連絡お待ちしています。

 

《 ご連絡先 》

札幌事業所・・・角井(かくい)・柏谷(かしわや)

TEL:011-596-0622  FAX:011-596-0623