【阿倍野高次脳GW】自分自身の現状ついて

こんにちは、阿倍野事業所の村上です。

今週のGWはお休みでしたので、先週までのGWについてご報告いたします。

1月から3月にかけて高次脳機能障害のかたが大勢就職されたたため、メンバーが一気に入れ替わりました。

 

自己紹介とともに、受傷・発症からの経緯経過を一人ずつ報告してもらい、今は『今の自分自身の現状について』を報告していただいています。

今まで4名の方に発表していただきました。

(発表内容)

・朝礼の司会とラジオ体操を週1回はじめました

・エレベーターを使わず階段で昇り降りをしてる

・周りの人に自分から話しかける

・メモを取る

・訓練の中で複数課題があるとき時間配分を考える

・Aさんがやってるのを見て司会をやるようになった

・軽作業では自分の体をどう動かせばいいのか考えてる

・歩くこと:やってもやってもうまくならないから腹立たしいけどやるしかないと思ってる

・脳疲労と雨・曇りのしんどさを確認する

 

などなど。

 

発表を聞いて、私は様々な取り組みを皆さん自身が課題として認識し、意識しながら取り組まれていることに驚きました。

また、「Aさんをみてやろうと思った」という声が聞けました。まさしく他者理解からの自己理解につながっている部分!

そして、Bさんが「取り組みはこんなもんかな~」といったら、Aさんが「いやいや、まだありますよ。右手を机の上に置いて作業してますやん」と代わりに言ってくれました。

周りを見て、学んだり感じたりという部分を皆さん自身が自然にできていることに感動しました。

 

現在は、緊急事態宣言中ということもあり、クロスジョブ阿倍野では分散通所を実施しています。

その関係でグループワークも一旦中断しております。

 

宣言解除後にまた再開になるかと思いますが、再開後はこの続きをほかのメンバーにも発表頂く予定です。

楽しみにしています。