札幌GW『不安になってもいいんだよ』

参加者:5人
担当スタッフ:柏谷、津田(草津)、木下(梅田)
議事録:柏谷
皆様 お世話になっております。
5/11(火)のグループワークの報告をします。
今週は、「不安との付き合い方、気持ちの切り換え方」をテーマに話し合いました。
また、ZOOMを使って、クロスジョブ梅田と草津のスタッフさんも参加してくれました。

■グループワークの内容
<不安について>
不安になるのは、人として当たり前の感情です。
「不安になっても良いんだ」ということを皆で理解してからスタートしました。

<参加者が不安になった時に行っている対策>
・運動
・自然や緑に触れる
・不安を紙に書き出す
・瞑想をする
・自分の好きなことをする
・スポーツ観戦をする
・わかってくれる人に話をして意見交換をする
・原因を見つけて対策を考える
・ネガティブに考えず、不安にならない方法を考える
・人と同じやり方ではなく、自分に合った方法を考える
・音楽を聴く
・DVDを見る
・不安から離れる
・不安に思っている自分を「不安で良いのだ」と受け入れる
・寝て思考を止める。寝るとスッキリする

<参加者が他の人と議論したいこと>
①就活が他の人より遅い自分への不安がある。
皆の意見
・今自分ができることをする
・今の自分を整理する
・考えて考えて疲れて考えるのをやめる
・1人で考えずにSOSを出す
・うまくいった経験が少ないので経験する
・今までのやり方が合わなかったのではないか。他の人の対策も行ってみる
・同じ境遇の利用者さんと一緒に対策を行ってみる
・不安に左右されないように自分の出口を決めて、1つ1つクリアする

②不安や悩みをうまく隠す方法
皆の意見
・隠してもバレて、不安が溜まって、爆発する
・隠さずに出してスッキリする方法もある。その方が切り替えが上手に見える
・無理に隠さなくても、「不安になりやすいのでこういう対策をした」とアピールに繋げる

③相談する時に忙しそうで申し訳ない
皆の意見
・今話しても大丈夫か声をかける
・将来の貢献の為に今は時間をもらう


〈感想〉
参加されている皆さんは、就職活動を行っている中で、
自分の過去を思い出したり、働く力を見つめ直したりすることで様々な不安を抱えていました。
働く前も、働いた後も様々な不安にさいなまれます。
しかし「不安」は、人として正常な感情なので不安になっても良いんです!
GWを通して、不安になった時に、感情に振り回されないために自分なりの「出口」を見つけることが大切だと皆で話し合えました。

また、ZOOMで参加してくださったスタッフさんから
「札幌事業所の皆さんは、自発的な意見交換が活発ですね」とコメントをいただきました。
“スタッフが教える”のではなく、“参加者同士で考える”空間ができていて嬉しく思います。
就活は、孤独に感じてしまいますが1人ではないと思って、参加者の皆さんで支え合っていきましょう。

**********************************************************

〈合同〉グループワークとして、クロスジョブを利用されていない方の参加も可能です。
当事者の方だけではなく、ご家族の方、リハビリスタッフさん、ソーシャルワーカーさん、支援員さんもご興味がありましたら是非ご参加ください!
下記宛先まで、ご連絡お待ちしています。

《 ご連絡先 》
札幌事業所・・・角井(かくい)・柏谷(かしわや)
TEL:011-596-0622 FAX:011-596-0623