12期11名の研修開催しました

本格的な梅雨入りとの報道があり、大阪でも連日雨模様ですね。

そんな梅雨の鬱陶しさを晴らす学びの研修、

「大人の発達障がいについて」という題目で

NPO法人ラヴィータ研究所理事長、当法人の理事でもある、米田和子先生から

新入職の12期に向けて講義頂きました!

 

今までの人生経験、支援経験、そしてご自身の子育て経験、等々から多角的な視点からご本人との関わりを考えていくエッセンスを得ることが出来たのでないかと思います。

やはり何回聞いてもわかりやすいのは「感情は受容、行動は修正」これでした。

また視覚認知の体験から中枢神経系の認知についてのプロセスにも触れて頂き、事例も交えたお話はわかりやすかったです。

 

新入職12期も日々の支援業務の中での気づきを深める機会になったのではないかと思っています。

12期は堺、阿部野、梅田、草津、米子、鳳、札幌の7事業所それぞれに配属されており、

全員で11名います。

今後、12期からもこのホームページを通じて感想がアップされますので、見て頂ければと思います。

米田先生、全3回シリーズの第1回目でしたが、わかりやすい講義、誠にありがとうございます。引き続き何卒宜しくお願い致します。

12期11名の研修開催しました

12期11名の研修開催しました