【阿倍野GW】「できる」の指標はそれぞれ

こんにちは阿倍野事業所の村上です。
少し間が空いてしまいましたが、この間でのグループワークの報告をします!

6月からのテーマ『今できること、今後やってみたいこと』です。

今週のグループワークで参加者全員の発表が終わりました。
お休みされていた方もいらっしゃいますが、また来週全体の意見の振り返りとまとめをしたいと思います。

このテーマをやっていく中で、「できること」を見つけるのがなかなか難しいなと感じました。
人それぞれ「できる」と思える到達点が違うということを改めて感じたグループワークでした。

 

***今週の発表された方の例*****


[Aさん]
・企業見学に行き、開店前の準備の様子を観察できた。ほかの業種の企業にも見学に行きたい。
・クロスジョブで色々な方と話したり、向き合って、今後を決めていきたい。
・この前遅刻寸前でクロスジョブについたとき、所長や担当スタッフに謝ったことを母親に伝えたら、そこまで謝罪が必要なことではないんじゃないかと言われた。
→以前からそういった社会常識や対人関係の築き方でズレを感じることがあった。
 今後は人間関係におけるズレを修正していきたい。

 

[Bさん]
<今の自分に出来ること>
・学習課題での照合作業
・掃除、洗濯、車の洗車
<今後自分でやってみたいこと>
・パソコンを打てるようになること
・ピッキングを速く正確にすること
・車の免許更新をすること

 

[Cさん]
<自分に今できること>
・(できることは)そんなにないような気がする
・どうしても病前の自分と比較してしまう
→もうそろそろこの考えをやめようと思ってる
・パソコンなど昔できていたことはできるようになりたい
・ここでパソコンを頑張ろうと思っている
・こんな身体でできることを探してる
・自分と同じような方のために何かできればとも思っている
→介護系の仕事などを考えているが、それまでにやらないといけないことがまだある

********************

 

このような意見を出していただきました。
クロスジョブを利用してからの経過もそれぞれなので、ほかの方の意見を聞いて自分のできること・今後してみたいことにまたつなげて頂けたらと思います。

 

来週はまとめと次回テーマ『脳疲労について』を行う予定です。