うまく相談していこう!(札幌GW)

参加者  8人  

スタッフ 1人

議事録  K

皆様 お世話になっております。

8/31のグループワークのご報告をさせて頂きます。

 

相談(お願い)をするときに声がかけられない理由と対策について意見を出し合いました。

声をかけられない理由

対策

忙しそう(話す時間がなさそうな時)

・クッション言葉(「お忙しいところ失礼いたします。」)を入れてから話す。

・「後ほど、確認お願いします。」と相手を敬う。

緊張する

「頑張る!訓練の1つ!」と考える。

申し訳ない(他の人と話している時)

・クッション言葉(「お話中、失礼いたします。」)を入れてから話す。

・こっちも仕事進めるために「申し訳ないけど、時間下さい!」(という気持ち)で割り切る。

嫌な顔されたり、避けられたりしたらどうしよう

・他の人に声かける。

・よし!と気合い入れて、明るく笑顔で声かける。(言語では言い表せない表現!)

タイミングが掴めない

・「今、お時間よろしいですか。」と確認する。

なんて言ったら良いか分からない

相手に伝えたいことを明確にする。(後ほど説明します。)

怒られたらどうしよう

・怒られるのも勉強の1つ!と思うようにする。

・自分のために怒ってくれているんだ。

 

 

続いて、上手にお願いするコツについて学びました。

【上手なお願いとは?】

①内容が相手に適切に伝わり、しかも無駄がないこと。

②相手に対する思いやりが表現できること。

 

①の内容が相手に適切に伝わり、しかも無駄がないようにするためには、頼み事を具体化させた上で相手に伝えたいこと(自分が言いたいこと)を明確にする。

⑥目的

最もお願いしたいことを書く。

③なぜ

なぜお願いするのか。

①いつ

期限。

④どこで

どこで作業をしてもらいたいか。

⑤誰に

誰に頼みたいのか。

②何を

頼まれた人が具体的に何をしたら良いのか。

⑦どう依頼する

~してほしいです。~して下さい。

 

(例)来週の水曜日までに【好きなこと】というテーマでスピーチを考える。

⑥目的

スピーチを一緒に考えてほしい。

③なぜ

どんな内容書けば良いか分からない。

①いつ

来週の水曜日までに。

④どこで

今週の面談で。

⑤誰に

担当スタッフ

②何を

【好きなこと】というテーマでスピーチを考える。

⑦どう依頼する

~してほしいです。

①いつ     来週の水曜日までに

②何を     【好きなこと】というテーマでスピーチを考える。

③なぜ     どんな内容書けば良いか分からないので

④どこで    今週の面談で

⑤誰に     担当スタッフに

⑥目的     スピーチを一緒に考えて

⑦どう依頼する ほしいです。

 

続いて、②の相手に対する思いやりが表現するについてです。

・相談(お願いする、聞く)=相手に負担をお願いすること

 ▷負担をかけて申し訳ない。

 ▷どうしてもお願いしないと仕事が進まない。

 ▷引き受けてもらえる(答えてもらえる)と嬉しい。

 ⇒こういった気持ちが相手に伝われば、もっと気持ちよくコミュニケーションが取れる!!

 ★方法:クッション言葉

クッション言葉の例

家族や親しい友人に

「頼むよ~」、「頼みがあるんだけど~」、「やってほしいことがあるの~」、「お願いがあるんだけど~」

職場の同僚や先輩に

「ちょっといいでしょうか~」、「お願いします~」、「すみませんが~」、「申し訳ありませんが~」

上司や目上の人に

「お忙しいところすみません~」、「誠に恐縮ですが~」、「恐れ入りますが~」、「誠に申し訳ございませんが~」

 

続いて、声をかけるタイミングについてです。

相手の仕事量や、今何をしているのか、それを把握して自分の仕事をするのはとてもハイレベルです。

声をかけるタイミング⇒自分自身が声をかけないと仕事が進まない

※何回も聞いてしまうのが申し訳ないときは…?

 急ぎじゃない質問やお願いの時は後でまとめて聞く。

  ➡職場によって違うので、前もって上司に確認しておきましょう。

 

〈感想〉

今回のグループワークでは声をかけられない理由の対策や考え方を学ぶことができました。よくどうしてほしいのか分からないと思われることが多いので、とても役立つ情報がたくさんありました。無駄がないように伝えられるように、ノートにまとめてから話すようにしていきたいと思いました。

**********************************************************

 

〈合同〉グループワークとして、クロスジョブを利用されていない方の参加も可能です。

当事者の方だけではなく、ご家族の方、リハビリスタッフさん、ソーシャルワーカーさん、支援員さんもご興味がありましたら是非ご参加ください!

下記宛先まで、ご連絡お待ちしています。

 

《 ご連絡先 》

札幌事業所・・・角井(かくい)・柏谷(かしわや)

TEL:011-596-0622  FAX:011-596-0623