利用者日記

独り言(2020.7)2020年07月03日

ある日、ふと就寝前のルーティンである、頭と心の整理? 自分と自分の脳を一致させる※「脳と会話する」ことをしている時に利用者日記のネタを考えた事がある。僕の利用者日記のタイトル「独り言」を活字にする事で僕と僕の脳は薄々感じていた「障害者の達人」になりたいと思っている事で一致した。もちろん「障害者の達人」は僕のただの造語だ。

僕の思う「障害者の達人」とは

・障害者である

・自身の障害と付き合っているのが抜群にウマい、ウマくなろうとしている

・現実を知っているが、へこたれないor遠くから現実を見ている

・※自分のやり方、自分に合った、ストラテジー(方法、戦略、方略)を探し続け、実行している

・※ダメだと思ったらすぐに違うやり方をする

・自身の障害or一部をよく知っている、知ろうとしている

・長短の時間は別にして「生き様」が伺える

・相談する人がいる(解決できないけれど、ヒントをくれる)などなど・・・

僕の場合は主に他の障害者達等のイイ所を見つけ、自分に合った物をパクる様にしている。

僕のホームステイ先(なやクリニック・デイケア)の住民(スタッフと通所している仲間)にいつも相談している。パックってダメだったら、止めて次へ。

 

 ちなみに※は主に他の障害者達のイイ所からパックったもので、僕のルーティンになっているものだ。

僕の周りにも「障害者の達人とプチ達人」がたくさんいる。イイ所をパクって自分のものにし、ゆっくりと進化した「障害者の達人」になりたい・・・・と思う今日この頃。

 

PS. 昨日、「脳と会話」をしていたら、今回の「独り言」は思っている事を書きすぎやろーと思い反省しています。「独り言」を読んで頂いて、ありがとうございました。

これを読んでくださっている『あなた』 もし可能であれば、あなたが思っている達人とかやり方があればこっそり教えてください。僕に合えばパクります!!


カテゴリ

  • カテゴリーなし

アーカイブ