利用者日記

通所開始から5か月2019年11月05日

みなさん、こんにちは。クロスジョブ梅田訓練生のS・Aです。

ブログのタイトルを決める際、通所から何ヶ月経ったのか計算しました。すると、5ヶ月経ったということで長いような短いようなという感じです。

 

 クロスジョブ梅田での訓練から様々なことを学びました。通所し始めたころと今を比較すると本当にたくさんのことを学んだと感じます。だから、具体的な学びを挙げると色々あるので、中でもとても大切だなと思ったことを3つ書きます。

 1つ目は睡眠です。

通所当時は寝る前にゲームしたり、YouTubeを見ていました。そのころ、9時間ぐらい寝ても寝足りないという感じでした。しかし、寝る前の30分を読書に充てると、とてもよく眠れ、7時間程度でも十分な睡眠がとれるようになりました。精神的な病気の自分にとって睡眠はとても大事なので気付けてよかったなと思います。

 2つ目は自分を客観的に見ることです。

クロスジョブでは午前、午後の作業の終わりに振り返りというのがあります。作業にやりにくさはあったか、疲れが出てきているか等を主にスタッフと振り返ります。最初は聞かれたことに返すという感じでしたが、徐々にスタッフとの振り返りの前に自分で振り返り、発信できるようになりました。自分で自分を振り返るというのは自分を客観的に見るということです。それをきっかけに自分は疲れていないか、心の状態はどうかを客観的に見ることができるようになりました。自分の体調の自己管理は企業に入って最も求められることだと思うので身に付けられてよかったです。

 3つ目はメモをとることです。

学生の時、メモは取ったことがありませんでした。メモをとるようにスタッフに言われ、習慣化するまで時間はかかっていますが、徐々にできてきていると思います。メモをとることで、次回に同じ作業をする時、自信をもって作業でき、記憶を掘り起こすための労力もいりません。メモは仕事をこなすだけでなく、メンタルを安定させるために重要なんだなと思いました。これからもっと習慣化させていきたいです。

 

 今後は訓練でスキルアップしながら、就職活動にも少しずつ取り組みたいです。長くなりましたが、読んでいただきありがとうございます。


カテゴリ

  • カテゴリーなし

アーカイブ