利用者日記

トライアル雇用に向けて E2018年06月29日

久々のブログアップになります。7月から3ヶ月間、T社へトライアル雇用に行かせていただけることになりました。T社は保育園を運営している会社で、私は本部で事務や保育現場で試用する玩具などの制作(手芸など)のお仕事をさせていただきます。

トライアル雇用に辿り着くまでの道のりは長く、クロスジョブでは本当にたくさんのことを学び、経験してきました。

 

私はクロスジョブに入るまで、事務職の経験は全くありませんでした。そのため訓練では、パソコン、事務補助、依頼業務、電話対応、お茶出しなどに積極的に取り組んできました。また、メモ取りや報連相を徹底して行うこと、自分からの提案などにも力を入れてきました。

 

他にも、企業見学9社、実習3社を経験しました。私は、慣れない環境で不安や緊張を感じやすいのですが、回数を重ねることで徐々に慣れることができるようになりました。また実習先で「ミスなく丁寧な作業が出来ている」という企業評価をいただけたことで、経験のなかった事務職を目指す自信に繋がったところも大きいです。

 

しかし就活に入り、ハローワークの求人検索に力を入れて取り組んできたものの、なかなか応募まで踏み切ることができずにいました。求人票を見るだけでは、見えないところやイメージしにくいところがあり、「応募する」という不安が大きかったからです。就活時期に入っている周りの利用者さんはどんどん応募していく中、自分は前に進めていないという焦りを感じることもありました。

 

そんな中、今回応募しようと思えたきっかけは、企業見学でした。実際に自分の目で働く環境を見て、仕事の内容を具体的に聞けたことはすごく大きなポイントでした。クロスジョブで訓練を積んできた事務の仕事と、自分の得意な手芸や絵を描くことが生かせるといった仕事、両方が揃った職場はなかなかないと思い、自分にぴったりだと感じました。また、子どもが好きなため、子どもたちの笑顔をサポートする仕事に就きたいと思いました。企業見学から戻ってすぐに応募を決めることができ、面接を受け、トライアル雇用が決まりました。

 

今は少し不安や緊張もありますが、「またお仕事ができる」といった嬉しさや、「少しでも会社の役に立てるよう頑張ろう」といった前向きな気持ちの方が大きいです。トライアル雇用では、「遅刻や欠席をしないこと」「報連相や自分からの発信を行うこと」「社員の方とコミュニケーションをとること」といった、クロスジョブで取り組んできたことを実践し、本採用を目指して精一杯頑張ろうと思います。

トライアル雇用に向けて E


カテゴリ

  • カテゴリーなし

アーカイブ