利用者日記

職場実習を体験してみて     H・A2018年09月18日

 今回、私は8月末の1週間、初めての職場実習で、株式会社A様の職場実習を体験させていただきました。最初は、私自身もその実習先には馴染みはあったものの、不安と緊張感がありました。さらに、2日目からは、前日の過労もあり、思うような行動ができなかったように感じました。それでも最後まで実習をやりきるという強い気持ちで、やり遂げることができました。

 主な1日の流れとしては、午前中は、外周りの拾い掃きを行い、全体朝礼で、建物の中に入り、その会社の八大用語を復唱し、もう一度、外周りの拾い掃きや休憩室での机ふき、倉庫の中を掃除したりしました。昼食をとり、午後からは、様々な場所に設置されているゴミ回収を行い、それを分別したりしていました。さらに、日によっては作業の変更があったり、重い作業をしなければならないこともあり、大変でしたが、問題なく進めていけたと思います。

 今回の実習先は、大型商業施設であったため、駐車場内にも買い物カートが多数あり、見かけた場合は速やかに撤去しなければならなかったため、車に接触しないかということが不安でした。また、お客様が多い環境だったため、歩行者と接触してはならないことを考えると、周りを見て作業していくことも必要だと思いました。さらに、午後のゴミ回収では、分別方法が分からないゴミもあり、その場合は、担当者様に速やかに質問していけたことは良かったと思いました。

 実習を体験してみて、仕事をしていく上では体調管理をしていくこと、決められた時間まで作業できるように体力をつけなければならないと思いました。さらに、雨が降った日は、カッパを自分で用意すること、担当者様に対して、自分から積極的に発信していくことも必要だと思いました。また、出会った人たちには、自分から積極的に、元気よく挨拶をしていく必要があるかなと思いました。

 1週間という短い期間ではありましたが、私に対して、様々なアドバイスをしてくださったA社の関係者の皆様には、本当に感謝しています。至らない点も多くあったとは思いますが、楽しく実習ができました。本当に1週間、ありがとうございました。


カテゴリ

  • カテゴリーなし

アーカイブ