利用者日記

N社での実習の感想 I.T.2019年02月18日

こんにちは。N社での実習が終わったので感想を書いていきたいと思います。業務内容は伝票に手書きで数字を書いていったり、エクセルにデータを入力していったり、定規とカッターを使って紙を工作するという内容でした。感想は全部で5つあります。

1つ目の感想は慣れてない人にあいさつをしたり相談したりなど声をかけるのがやはり難しかったということです。実習を始める前にあいさつや相談をしなければいけない場面では必ずするという目標を立てていましたが今回も7割くらいしかできませんでした。今までは色々な場面を想定して話しかける練習をクロスジョブでしたり、頑張って勇気を出すことを意識してきましたが、今後は話しかけるときにあまり緊張しないようにメンタルを強くするための努力をしていくことを考えています。

2つ目は気持ちの切り替えがそれなりにできたということです。今回の実習を始める前に落ち込んだりイライラすることがあったときは素早く切り替えるということを目標にしていましたがそれなりにやれたと思います。やり方としては失敗したときなど落ち込んだときに目の前の業務に集中する、楽しいことを考えるという方法を取りました。ただ、今回の自習中はそこまで重大な失敗はなかったので実際に仕事をしていて重大な失敗があったときにどうなるかはわかりません。

3つ目は作業中でも周囲の様子に気を配ることが求められることを実感したということです。作業に集中してしまいお客様が来たことに気づかずあいさつをし損ねるといったことが時々ありました。実習の後半では定期的に周囲の様子を伺うといった対策をしていました。

4つ目は事務の作業自体は向いているかもしれないということです。伝票に書いた数字を機械で読み取るといった作業では修正がほとんどなく「今まで来た実習生の中で字が1番綺麗」と担当の人に褒められました。エクセルもクロスジョブで練習したおかげだと思いますが早いと褒められました。ただ、定規とカッターを使って厚い紙を工作する作業では力が必要で少し大変だったということもありました。

5つ目は自分ですることを思いついて自主的に行動することが苦手かもしれないということです。クロスジョブで事前にこれをやっても注意されることはまずないといった作業は自主的にやるという話をしていましたが、散らかったゴミを掃除するといったことを思いつかず指示されてからやったことを担当の人に指摘されました。今後はいろいろな場面を想定してやった方がいいことを考えていきたいと思っています。

今回2つの会社に実習に行きましたが、自分の得意不得意が見つかったりなどたくさんの発見があり非常に有意義なものになったと思いました。見つかった得意不得意を進路の参考にしたり、苦手を克服していくなど今回の実習の経験を今後に活かしていきたいと思います。


カテゴリ

  • カテゴリーなし

アーカイブ