スタッフの一日

女性の発達障害2019年07月18日

こんにちは、砂川です。

選挙前で堺東の駅前は毎日賑やかです。私は昨日、期日前投票に行ってきました。

 

今日は読書報告です。

他のスタッフもブログ更新をしてくれていましたが【発達障害の女性のための人づきあいの「困った」を解消できる本】を読みました。著者は言語聴覚士でご自身も発達障害の診断を受けられている村上由美さんです。

 

研修会でも村上さんのお話をお聞きしたことがありましたが、この本の中には、女性が感じる困りごとの対処がたくさん掲載されています。夫や子供との関わり方、職場、PTA、友人同士の人付きいなど、場面は多岐にわたります。

 

女性の社会進出に伴い、「○○は女性の仕事(役割)だ」と断言されることは少なくなってきたかなとは思いますが、我々の潜在意識の中にはまだまだ女性に求めること、女性とはこうあるべき、こうあってほしいと願うことがたくさんあり、その無意識の願いにしんどさを感じる人がいることは、支援者として頭の片隅におく必要があると感じた次第です。(これは女性に限らず男性の場合も同じですね。)

 

利用者の方とも一緒に読みたい本でした。

事業所においていますので、気になる方はぜひ手にとってみてください!!

 

 

 

 

砂川


スタッフ

アーカイブ