訓練内容

面談

面談

クロスジョブでは面談を大切にしています。月2〜3回面談を設け、お一人おひとりの得意なこと・苦手なこと、これまでの経験の中でのつらさなど、じっくり時間をかけ担当スタッフと整理を行います。また、就職に向けての目標・見通しを確認します。

学習プログラム

学習プログラム

基礎学力・一般常識力の向上に向け、読み、書き、計算等の課題に取り組みます。企業においてより戦力となるよう、各個人の状況に合わせながら、レベルアップを目指します。また、メモ取り練習、履歴書練習や宛名書き練習等を通し、ビジネススキルを高めます。

軽作業

軽作業

クロスジョブ阿倍野では今、郵便物と賞味期限カードの仕分け作業をしています。事務を希望されている方が多いので、郵便物の仕分けをクロスジョブで作成し、実際の業務を想定した訓練を行っています。一つ一つ確認するセルフチェックと、同じ作業を続けるという集中力・継続力の向上と立ち作業を通して体力アップを目指しています。一人一人に合わせた補助具も用いて作業の最初から最後まで一人でやっていただいており、やりきる達成感を大切にしています。

パソコン

パソコン

タッチタイピングやエクセル・ワードの課題などを通して、正確性やスピード・集中力UPを目指し取り組んでいただいています。事務職希望されている方には、エクセル・ワード3級を目指して取り組んでいただいています。1人1人のレベルに沿ってプログラム内容を決め、スタッフがサポートしています。PCを使ったことがない方も安心して取り組んでください。インターネット検索の練習や、メールの使い方、一般事務で必要とされる知識の習得、資料作成といった応用力もつけていきます。

事務プログラム

事務プログラム

事務職を希望されている方に参加して頂いています。パソコンだけでなく、電話応対や来客応対(お茶出しなど)、またファイリングやコピー取り、清掃等、事務職で求められる幅広い業務に対応できるようトレーニングします。臨機応変な対応や正確さ丁寧さが求められ、スタッフ事務所で行うこともあり他の訓練とは違う緊張感を持って取り組めます。

グループワーク

ビジネスマナープログラム

ビジネスマナープログラム

週1回半日、4~5人のグループで行っています。一つ一つの言動が、会社ではどう思われるか、また会社の人はどのような人材を求めているのかを学び、自己流ではなく正しい対応方法を学習、習得することを目指しています。また、新聞記事発表や意見交流など、みんなの前で発表することで、自分の思いを伝える練習になります。学習だけなく、これまでの学校や職場でのしんどさ、苦しい経験を共有することで、共感と新しい自分の発見に繋がっています。

高次脳機能障害グループワーク

高次脳機能障害の方を対象としたグループワークです。テーマに沿って話し合い、実習報告会、就職された方のお話を聞き、就職に必要なことや就職するまでの変化などの話を聞き、自分の課題に向き合っていきます。また、1週間の訓練の振り返りを行い、発表する力や文章を纏める力も身につけていきます。詳細はクロスジョブ堺のホームページをご覧下さい。

図書館プログラム

図書館プログラム

近くの市立図書館で希望の職業や職種について調べたり、ビジネスマナーや社会情勢について学習します。自分で必要なことを調べ準備する力を養います。

体力アップ

体力アップ

大阪市立阿倍野トレーニングルームでトレーナーの方が一人一人に合うメニューを組んで下さり、マシンを使用したり、プールでのトレーニングをしています。体力に自信がない方や在宅期間が長く体力が落ちていると感じている方が、「働くための体力づくり」を目的に取り組んでいます。利用者は少しずつ体重が減り体が引き締まってきた、筋肉がついた、日々の階段の上り下りが楽になってきたと自信になっているようです。

ハローワークプログラム

ハローワークプログラム

週1回4人程のグループで、徒歩5分の場所にあるハローワーク阿倍野に行き求職活動を行います。どのような仕事が気になったか、なぜ興味を持ったか、また、その仕事に就くには何が必要かなどをグループで交流しお互いに就労意欲を高めます。ハローワークからとても近いため気になった求人はタイムリーに対応できます。

職場実習

店舗清掃

施設内の訓練の次のステップアップとして、さまざまな協力企業で実習をさせて頂いております。実習では職種の適性を見たり、働いた経験のない方は「働くイメージをもつ」「自信をつける」ことを目的に行っております。実習された方は働く厳しさが分かった、自分にもできることがあり自信につながったと話されています。