クロスジョブ 東京 クロスジョブ 東京 クロスジョブ 東京
クロスジョブ東京とは

クロスジョブ東京は、NPO法人わかくさ福祉会が運営する就労移行支援事業所です。2010年に大阪・堺でスタートしたNPO法人クロスジョブから支援方法を学び、2014年4月に東京・八王子に開所しました。クロスジョブグループ共通の支援方針に基づき、主に発達障害をお持ちの方、高次脳機能障害をお持ちの方、個別支援を必要としている精神障害のある方を対象としています。
わかくさ福祉会は、1983年、精神障害者家族会を元に誕生した法人です。「精神障害者、その家族、市民が安心・豊かさ・自信をもって暮らせるまちづくりをめざす」ことを理念として、30年あまり八王子地域にて支援活動を続けてまいりました。 令和2年現在、わかくさ福祉会は
・クロスジョブ東京 / ジネス:就労移行支援事業・就労定着支援事業(ジネスは生活訓練併用)
・プレワーク / アイワークス:就労継続支援B型
・あくせす:地域活動支援センターⅠ型
・TALANT:障害者就業・生活支援センター
・sprout:指定特定相談支援事業所
計7か所の施設を運営しています。
多事業のネットワークを生かした、より良い支援を提供できるよう努めております。

アクセス

案内地図

訓練内容

事務的作業

事務作業を想定した各種訓練を取り揃えています。
・パソコン ・基礎学習 ・事務補助
パソコン訓練では、ワード・エクセルの基礎を学ぶプログラムの他に、正確性や集中力を養う入力作業も行います。毎週火曜と隔週月曜は専門講師が訓練を担当しており、専門的なアドバイスを提供しています。 基礎学習の訓練では、ワークサンプル幕張版(MWS)などを利用した20種類近い模擬仕事を通じて得意不得意を整理していきます。
事務補助訓練では、ファイリングやコピー取り、お茶出しなど、実際の職場で想定される幅広い業務に対応できるようトレーニングを行います。

施設外作業

書類の封入・封緘作業、チラシの2つ折り作業など手先を使う作業をメインに行っています。手先の器用さ、丁寧さ、作業スピードなども確認することができるプログラムです。立ち作業による訓練のため、体力をつけることも出来ます。
地域企業や法人内事業所から受注した仕事を行っており、受注や納品の際には外部の方とやりとりすることもあります。
納期のある作業のため、仕事に対する責任感を養えます。

面談

企業体験実習以外にも施設外の訓練機会を提供しています。
アパート共有部(階段、廊下、手すりなど)の清掃作業や社用車の清掃、近隣企業での書類仕分け業務など、各種作業を取り揃えており、実践の場で就労スキルを磨きます。施設外作業は工賃をお支払いしており、毎回希望者を募って作業を実施しています。
決められた時間内に担当する作業を終わらせることが求められるため、時間に対する意識も養うことができます。

セミナー・グループワーク

クロスジョブ東京は「個別担当制」。
毎週1回、担当スタッフと面談の機会を設けています。面談では訓練の振り返りを行い、課題をタイムリーに共有し、目標を設定していきます。訓練や就職活動だけでなく、私生活に関するお悩み事なども伺っており、タイムリーな状況把握と丁寧な対応を心掛けています。
卒業生からは「面談を通じて自分の障害特性への理解も深めることが出来ました。」とお声をいただいております。

企業見学

外部講師を招き、ビジネスマナーなど就職に関する知識を深めるセミナーを開催しています。
また利用者同士の交流を深められるグループワークも実施しています(希望者のみ)。 <2019年度 開催セミナー、グループワーク一覧>
働く心構えセミナー、就活セミナー、卒業生インタビュー上映会、栄養セミナー、防災セミナー、髭剃りセミナー、職場実習報告会、好きなこと発表会

スケジュール管理

毎月1回「企業見学会」を実施しています。
一般の企業から特例子会社まで様々な職場を知ることが出来るため、視野が広がり、自分に合った職場・職種を探す手助けになります。
見学前はワークシートを作成し、企業について事前に調べ、当日企業の方に質問する内容を考えます。見学後は報告書を作成し、見学して分かったこと、感じたことなどをまとめます。
事前の準備や見学後の振り返りはスタッフと一緒に行います

お問い合わせ

クロスジョブ東京についての詳細は、NPO法人わかくさ福祉会オフィシャルサイトをご覧ください。
事業所見学、体験利用はお気軽にお申込ください。
TEL:042-649-3637
URL:https://wakakusaf.or.jp/business/crossjob-t

クロスジョブ東京オフィシャルサイト